ワキガ対策で脇毛を抜くとにおいが悪化する原因に

ワキガのにおいには脇毛が関係しています。ワキガのにおいの元となるアポクリン腺が毛穴に存在しており、脇は活発に汗をかきやすい部位です。

脇毛の量などがにおいと関係しているため脱毛をしている方もいます。「じゃあ、脇毛を自分で抜けばいいじゃん」と思われる方もいますが、脇毛は絶対に抜いてはいけません。抜いてしまうと毛穴を刺激して汗の分泌量を増やし、においが悪化する原因になります。

この記事では脇毛とワキガの関係について解説していきます。

ワキガと脇毛の関係性

wakigecut

ワキガは脇毛と関係していることが多いです。手術でも、アポクリン腺を抜くだけでなく一緒に脇毛も脱毛している方もいます。脇毛が太かったり、多いことでにおいを悪化させてしまい、ワキガの特徴でもあります。

脇毛がなければにおいを抑えることができる

ワキガのにおいの元となるアポクリン線から出る汗は脇毛や皮膚に付着することで菌を増殖させます。また、アポクリン腺から出る汗自体にはにおいはなくほぼ無臭です。しかし、菌が増殖することでにおいが悪化します。脇毛を脱毛して付着するものを除去することで菌の増殖を防ぎワキガを抑えられます。

自分で脇毛を抜いてはいけない
脇毛の処理をするために自分で脇毛を抜いている方がいますが、絶対に脇毛は抜いてはいけません。脇毛を抜くことで毛穴を刺激してアポクリン腺から出る汗の分泌量が増えます。自分で処理をしたいのであれば、抜くのではなく剃るようにしましょう。

脇毛がないと汗をかきにくく乾きやすい

脇毛がないと蒸れくくなり、また通気性もよくなりワキガ対策として効果が期待できます。毛は外部刺激から守るためには必要ですが、脇のように常に服やインナーシャツなどで守られている部位に関してはなくても問題ありません。ほとんどの女性が脇毛を永久脱毛しているのも、その安全性が広く認知されているからでしょう。

しかし1つ困ることに、脇汗をかいた際に脇毛ないと吸収するものがないため服に汗が直接付着します。汗の量が減っても、服に付着しやすいため以前より脇汗が気になりやすくなってしまいます。

ワキガクリームや制汗剤を有効活用しよう

ワキガ対策に制汗作用のあるワキガクリームがあります。ワキガクリームを塗る際に脇毛に付着することを避けることができ、毛穴に直接塗りやすくなります。脇毛がないと脇が乾きやすいため、クリームが乾くのも早いです。

脇毛を脱毛してもワキガは治らない

「脇毛を脱毛することでワキガが治った」と言っている方がいますが、脇毛がなくなってもアポクリン腺がなくならない限りワキガは治りません。

ニオイを抑えられるようになっただけで、根本の解決にはなっていません。ほとんどの女性が脇毛を永久脱毛していますが、ワキガが治った・気にならなくなったという方には会ったことがありません。脇毛がないことはワキガケアしやすくなっているため、ニオイを抑えやすい状態です。男性で脇毛を永久脱毛している方は少ないので、女性がしやすいワキガ対策の1つです。