ワキガをエタノール消毒液で殺菌させることは危険

「ワキガ対策に殺菌は大切!」と、しきりに当サイトでも解説していますが、殺菌のやり過ぎはかえってにおいを悪化させてしまいます。特にエタノールという成分は、人によって肌にもたらす効果が違う成分です。化粧品などでも、エタノールが入っていても平気な人と、塗布すると真っ赤になってしまう人と、2種類いますよね。

ワキガ対策として用いるエタノール液も同じ。一時的なニオイの解消になっても、菌がすぐに増殖してニオイが元通りになってしまいます。一時的なニオイ解消のために犠牲となる肌は計り知れません。

ワキガにエタノール消毒液で殺菌させることは危険

et

「ワキガには殺菌が大事」と言われていることはほとんどの方が知っていることだと思います。殺菌と聞くとエタノール消毒液(アルコール消毒液)を思い浮かべる方が多いです。中でもエタノール消毒液をコットンにつけてワキガ予防している方がいることに驚きました。そんな肌に刺激のあるものを使うことはやめましょう。

エタノール消毒液は肌の水分を飛ばす性質がある

エタノール消毒液はアルコール濃度が80%以上のものがほとんどです。アルコールを肌にかけているため、殺菌効果はあります。しかし、アルコールの持つ揮発性は高く濃度が高い分上がっていきます。塗布後にスーとした感覚にさせるものです。

「ワキが消毒されている」という感覚になり精神安定効果がありますが、皮膚から水分も一緒に蒸発している証拠です。アルコールは塗布後すぐに蒸発し気体となるため、べたつきなどは残りません。しかし、気体になると同時に皮膚の水分も奪うため、肌が荒れやすくなり、痒みや炎症の恐れがあります。

肌の水分がなくなると皮脂の分泌が増えてニオイが悪化する

ワキガのニオイの元には様々な成分が混ざり合うことで発します。その成分の中に皮脂が含まれています。肌から水分が減ると保湿を保つために皮脂の分泌が増えます。その皮脂が汗と混じりニオイを悪化させます。

皮脂は通常であれば、必要でない限りは分泌されませんが皮膚が乾燥すると余分に皮脂が出てきます。また皮脂の分泌は緊張したときやストレスを感じたときや偏った食生活からも皮脂の分泌は増えます。

エタノール消毒の持続時間は短い

殺菌効果の強いエタノール消毒液は一時的なニオイ対策になります。しかし、その持続時間は短く3時間ほどで菌も元通りに増殖します。その度に、エタノール消毒液を使っていては肌が持ちません。また、病院でも言われるようにアルコールの強いものは肌に反応が出てしまう方もいます。

エタノール消毒はワキガ対策に効果なし

殺菌はワキガ対策には必要ですが、ワキをアルコールで消毒することはおすすめできません。効果のあるデオドラント商品や洗顔など肌に扱うもののほとんどに刺激を抑えるためにエタノールの配合を抑えているものが多いです。

間違った知識はワキガを悪化させる

ワキガ対策に大切なことはワキガに対する知識を持つことです。また、殺菌だけではワキガ予防はできません。

ワキガのニオイの元となっている汗を抑えない限り菌の増殖は止まりません。殺菌効果の強いものは他にもたくさんありますが、人の体を100%殺菌するものはありません。体を殺菌することはお風呂で体を洗うだけでも効果はあります。それ以上に肌に刺激を与えることはワキガを悪化させます。