服に付いたワキガ臭は柔軟剤を使っても意味がない

「服に付いたニオイは柔軟剤で消える」と思う方も多いですが、正確には「ニオイの上塗り(マスキング)」にすぎません。柔軟剤の香りが付いた服を着てもすぐにワキガ臭が漂うことになります。柔軟剤で求めるべきは香りではなく抗菌効果洗浄効果です。ワキガ臭はニオイ菌の増殖により悪化するため、香りでいくら誤魔化しても菌で残っているとすぐに増殖します。

また、香りとワキガ臭が混ざることで相手に与える不快感も強まります。柔軟剤の選び方には注意しましょう。

柔軟剤の間違った使い方はワキガ臭を悪化させる

https://www.amazon.co.jp
https://www.amazon.co.jp

良い香りを柔軟剤を謳ったCMは良くあります。それにより柔軟剤は香り付けのために使うように考える方も多くなりました。柔軟剤に求める効果の1つではありますが、ワキガの人が「対策として」求めてはいけません。

ワキガに効果的な柔軟剤

  • 消臭・防臭効果の高い柔軟剤を選ぶ
    ワキガ臭の元はニオイ菌の増殖です。アポクリン腺から出る汗自体にニオイはありません、しかしニオイ菌がたくさん含まれtえいるため増殖することでニオイを発します。衣服に付着した菌を除去するために柔軟剤が必要になります。
  • 洗浄効果の高いもの
    アポクリン腺から出る汗は、タンパク質・糖質・脂質といったニオイ菌と色を付ける成分がたくさん含まれてます。衣服に付着することで黄ばみやシミになる場合が多いです。ワキガの方に多いです。洗剤自体にも洗浄効果はありますが、念押しで柔軟剤に洗浄効果を求めて一気に落とします。
  • 肌触りを柔らかくする
    柔軟剤の名前の通りの衣服を柔らかくする成分も含まれています。ワキに対する刺激が少ないこともアポクリン腺の分泌を抑える効果があります。しかし、上記2つよりは実感力にかけます。

柔軟剤に香り付けを求めてはいけない

ワキガの方は衣服に香りを付けることを柔軟剤に求める方も多いですが、それが間違いです。

以下の成分は香り付けで有名な「ソフランフローラルアロマの香り」の成分表示です。

バランス剤:水
界面活性剤/柔軟剤:エステル型ジアルキルアンモニウム塩
安定化剤:エチルアルコール
安定化剤:ポリオキシエチレンアルキルエーテル
風合い向上剤:シリコーン
香料:香料
粘度調整剤:塩化カルシウム
抗菌剤:抗菌剤
酸化防止剤:BHT
防腐剤:防腐剤
着色剤:着色剤

(参考:ライオン株式会社HP

香料の妨げにならないように無駄な成分は除外して「純粋に香り付けのために使える柔軟剤」という印象を受けました。

こちらは消臭効果の強い「ソフランプレミアム消臭」の成分表示です

バランス剤:水
界面活性剤/柔軟剤:エステル型ジアルキルアンモニウム塩
安定化剤:ポリオキシエチレンアルキルエーテル
安定化剤:エチルアルコール
香料:香料
消臭剤:消臭剤
粘度調整剤:塩化カルシウム
抗菌剤:抗菌剤
酸化防止剤:BHT
防腐剤:防腐剤

(参考:ライオン株式会社HP

消臭と抗菌をメインにしていることから同じシリーズのもので配合されている量が異なるように感じます。特に消臭剤の量が多いです。

ワキガは柔軟剤で衣服の菌を落としデオドラント商品でニオイ対策

先ほどの成分表示のように、香料と消臭・抗菌効果を同時に求めることは難しいです。柔軟剤でもどちらかに特化したものを売っているのもそれが理由です。従って、ワキガの人が柔軟剤に求めるべきは殺菌して増殖を防ぎ、清潔な状態で着れることが目的です。もし、ニオイ対策をしたいのであれば柔軟剤ではなくデオドラント商品に頼る方が良いです。