【ノースリーブvsTシャツ】ワキガ対策に効果的な衣服はどっち?

ワキガには少しでも通気性・風通しが良い衣服を着た方がニオイ対策として有効な気がしますよね。

ワキガにとって夏より冬の方がニオイは強くなるとも言われていますし(衣類による蒸れ・湿気の影響)。

そのため、部屋着や夏場の衣服は「ノースリーブかTシャツか」という議論が毎年のように繰り広げられます。しかし通気性をあげても汗を止めることはできませんし、根本の対策となるわけではありません。

ノースリーブよりTシャツの方がニオイ対策になる

tanktop

ワキガはノースリーブの方が通気性も良く、空気に直接触れているためすぐに乾くイメージがあります。しかし、夏場であればどんな格好をしていても汗はかきます。汗をかいたときに圧倒的に臭うのは、ワキを露出しているノースリーブです。そもそも日本の気候は湿度が高いため、例え露出して乾きやすくても湿っぽさがワキに残ります。従って、湿っているワキではニオイの元となる細菌が増殖してニオイが消えることはありません。

ノースリーブでニオイを抑えるためには

どうしてもノースリーブを着たいという方は次の点に注意しましょう。

  • 汗をかいたらすぐに清潔な濡れタオルで拭き取る
    ノースリーブの利点は乾きやすさ蒸れにくさです。肌を露出して空気に直接触れている最大の利点です。その点を上手く使い、水溶性である汗をしっかり濡れタオルで拭き取りワキを清潔な状態で保たせます。何もしないよりはニオイ対策になります。
  • デオドラント商品を使って汗対策
    制汗効果の高いもので汗を抑えることや抗菌作用の強いもので消臭でニオイを抑える方法があります。ほとんどのデオドラント商品は2つを持ち合わせています。
  • スプレーでワキを冷やす
    ワキを常に冷やして汗をかきにくくしておく方法があります。夏場であれば、いくら冷やしてもすぐに汗はかくの効率は悪いのでおすすめはできません。

市販で売られているデオドラント商品はワキガには効果が期待できません。市販のものはワキガではない人用に作られているものがほとんどです、ワキガの人が使っても実感力のあるものはありません。

Tシャツでも安心してはいけない

ノースリーブの方がワキの露出がなくニオイを抑えられます。しかし、いくらTシャツでも間違ったワキガ対策を行うとニオイを悪化させます。

  • Tシャツの素材は天然素材
    綿や木綿のような天然素材にしましょう。化学繊維は吸湿性も低く、ニオイを放出させる可能性を高めます。
  • ワキ汗パッドはなるべく付けない
    女性は服の色によって汗シミを気にしてパッドを付ける方もいますが、それでは余計にワキを蒸らします。付けなくても済む素材のものを選びましょう。
  • ワキガクリームが乾いた後に着る
    ワキガケアでクリームを塗る方もいますが、クリームが乾かずにTシャツを着るとシミになる場合があります。クリームはニオイを抑える方法の中では有効で、Tシャツとも併用することでさらに効果が期待できます。

Tシャツでもノースリーブでもワキガ対策が大事

ワキガは夏場こそ気合が抜けません。服装でニオイを抑えることはできても安心できません。厳しい言葉ですが、「自分がワキガである」という自覚が必要です。恥ずかしいことではありません、ワキガは体質であり、一重・ほくろが多い・目が小さいというものと同じ部類です。私は、ワキガケアは化粧の一つとして捉えています。化粧も1日で落とすように、ワキガケアも長く持って1日が限界です。その一日のために、受け入れて毎日ケアをしていく必要です。