ワキガ対策のために脇毛を抜くことは絶対やってはいけない理由

ワキガ対策のために脇毛は抜いてはいけません。もし、脇毛処理したいのであれば脱毛か剃るようにしましょう。脇毛がないことで脇が蒸れにくくなったり、脇が乾きやすく通気性の良い環境になります。しかし、毛は生えても再び生えてきます。脇毛を抜くたびに行っていることはアポクリン腺を刺激しているに過ぎません。

ワキガの人は脇毛を抜いてはいけない理由

まずはその「なぜ?」を解消することで脇毛を抜くことを止めてもらいたいと考えています。ワキガの方が脇毛を抜いてはいけない理由を紹介していきます。

毛穴の中にあるアポクリン腺を刺激してしまう

ワキガのにおいの原因でもあるアポクリン腺は毛穴の中に存在しています。脇毛の量がワキガのにおいを悪化させていると思われていることもそのためです。脇毛を抜く際に、毛より太い毛根が毛穴を通るため負荷がかかります。その負荷がアポクリン腺を刺激してにおいを悪化させます。

毛は抜いても再び生えてくる

毛を抜くことで、「毛根から抜いているんだからまた生えてこないでしょ」と思っている方もいますが、毛は抜いても生えてきます。たとえ脇毛を全部抜いてすっきりしたように思っていても、時間が経つと再び生えてきます。抜く行為自体は剃るより生える期間を延ばすための一時的な対処にしかなりません。

抜きすぎや剃りすぎは埋没毛になる確率を上げている

皮膚の中で毛が成長してしまっている状態のことを言い、毛が皮膚にくいこみシェーバーやピンセットでも抜くことが困難になります。埋没毛になると皮膚を刺激して炎症を起こす可能性もあります。抜きすぎだけでなく剃りすぎも埋没毛になる確立を上げています。

毛を抜く行為自体が危険

毛を抜く行為は皮膚を最も刺激します。正常な方でも抜いている最中に出血する恐れもあります。毛穴の中にある毛根が太いため、無理に毛穴が広がることで皮膚が裂けます。無理に毛穴を広げているため、抜いた後に生える毛は太いように思われがちですが、特に関係ありません。

ワキガは脇毛との関係性はあります。しかし、抜くことや剃ることを日々行うことが悪化させている原因の1つです。脇毛が気になるなら脱毛するほうがよっぽど効果があります。「お金がない」と思う方もいますが、毎日の手間とピンセットの料金、毛穴への負担を考えると脱毛したほうがコスト的にも良いです。