ワキガ対策のために脇にベビーパウダーは絶対に塗ってはいけない

「赤ちゃんの肌をサラサラにしてくれるベビーパウダーなら脇に塗っても大丈夫」と私は思い脇に塗ったのがそもそもの間違いでした。脇が余計に臭くなったように感じました。このベビーパウダーが汗腺と皮脂腺を無理やり詰まらせていることが原因でした。

ワキガ対策のために脇にベビーパウダーを使ってはいけない理由

赤ちゃんの肌にベビーパウダー使用することで、水分を吸い汗疹や肌をサラサラにしてくれます。しかし、ワキガの方が脇に使用することでワキガのにおいを悪化させます。

ベビーパウダーは汗腺と皮脂腺を詰まらせる

ワキガの方が脇にベビーパウダーを塗ることで、無理やり汗腺と皮脂腺を一時的に詰まらせます。これは制汗作用ではなく、粉が汗腺に詰まってしまい汗を出ること疎外しています。

この方法で一時的に汗腺が詰まることで細菌がパウダーと汗腺の間で増殖しやすい状況になってしまいます。また、もともと制汗作用がないため時間が経つにつれてパウダーから汗が染み出てきてにおいを分泌させます。詰まっている間に菌が増殖しきっているためその時に出るにおいは通常より臭う可能性が高いです。

ベビーパウダーと脇汗で服が黄ばむ

ワキガの方は服の脇部分が黄ばみやすいです。これは、ワキガの原因であるアポクリン腺の汗に色素成分が含まれていることで黄ばませています。さらに、ベビーパウダーと汗が混ざることで余計に服に付着しやすくなります。また、黄ばむだけでなく脇がべたつく可能性もあります。

ベビーパウダーの成分

ジョンソンベビーパウダーの成分

・タルク:消炎剤
・香料

参考:ジョンソンエンドジョンソンHP

このように、消炎剤と香料のみの配合となっておりワキガに効果的な消臭や殺菌効果はないことを意味しています。

赤ちゃんの肌以外に使う必要はない

ベビーパウダーは汗を吸収するためには効果的でも、ワキガには効果はありません。赤ちゃんのように汗の分泌が活発でアポクリン腺がまだ発達していない肌であれば良いですが、成長してワキガのにおいを放出する脇には逆効果であることがわかります。