ワキガ臭に「アルコール消毒」は危険な殺菌方法!

ワキガのにおいには殺菌は大事です。しかし除菌用のアルコールスプレーを脇を消毒することに使うのは危険です。ワキガのにおいは菌が肌や服に付着し、増殖することでにおいが悪化します。そのため、ワキガのにおいを抑えるために殺菌は必要でどのワキガ専用のクリームやボディソープの成分には含まれています。アルコール消毒のように間違った殺菌はワキガを悪化させます。

アルコール消毒は間違った殺菌方法

アルコール消毒は殺菌方法の中でも間違った方法です。アルコール消毒は揮発性を持っており、塗ってもべたつかず脇がすっきりします。しかし、このすっきりした感覚が脇の水分も一緒に奪っていることを意味します。そもそも脇の菌を増殖させないためには脇が保湿されていることも大切です。

脇が乾燥してしまうアルコール消毒

脇が保湿されているためには、皮脂腺から程よく皮脂が分泌されていることがポイントになります。この程よい分泌を阻害するのがアルコール消毒です。アルコール消毒によって脇が乾燥することで体が「脇を保湿させないと」と反応して皮脂を過剰に分泌させます。

この過剰に分泌された皮脂は保湿で使われるものは微量で、ほとんどは脇に残ってしまいます。この残った皮脂が脇汗と混ざることでにおいを悪化させます。また、アポクリン腺から出る汗の菌は皮脂を非常に好みエサとなさらに増殖しやすくなります。

アルコール消毒は汗の分泌も過剰にする

アルコール消毒によって脇の体温が一時的に下がり、汗が出にくくなります。しかしアルコール消毒には制汗作用がないため、時間が経つとその時出るはずの汗も一緒に出るため一気に汗が噴出します。

まるで、夏場のエアコンが効いた部屋から外に出た瞬間のように汗が出ます。一時的に止まっていた汗も一気に出ることでさらにワキガのにおいを悪化させます。

アルコール消毒をしているだけではワキガのにおいは消えない

アルコール消毒だけでワキガのにおいを抑えられると思ってはいけません。さらに重度のワキガはアルコール消毒でもにおいは抑えられません。それだけアルコール消毒の消臭効果が低いです。

軽度の方でも抑えられても1時間ほどです。菌は殺菌されても1時間で元通りに増殖し、においを発します。そんな意味のない行動をしている間に、脇が乾燥することに近づいていると考えるだけでも不安になります。もし今「脇をアルコール消毒しよう」と思っているなら、一度正しいワキガ対策を調べても遅くありません。