ワキガは抜く・剃るより「脱毛クリーム」が一番危険!

ワキガのにおいを抑えるために脇毛を処理することが最も効果的です。そのために、剃ったり抜いたりする方は多いのではないでしょうか。

中でも脱毛クリームを使うことで一気に脇毛を処理できるため、多用する方がいます。しかし脱毛クリームにもメリットとデメリットがあるため使い方には気をつけてほしいです。

脇に脱毛クリーム メリット・デメリット

ワキガ対策のための脇毛処理に脱毛クリームを使っている方がいます。しかし毛を溶かす脱毛クリームは使い方を間違えるとワキガを悪化する可能性もあるため、そのメリットとデメリットについて紹介します。

脱毛クリームのメリット

  • 脱毛後の肌触りがチクチクしない
    カミソリで剃った後はどうしても毛先が尖ってしまい、肌触りがチクチクします。しかし、毛を溶かす脱毛クリームは毛先を丸くさせるため触れてもチクチクしません。
  • 毛が生えるのが遅くなる
    毛穴の奥まで処理できるため、毛が生えてくるのが剃るより遅くなります。
  • 青くならない
    カミソリでは毛穴の奥まで剃ることはできないため、青く残ることがあります。しかし脱毛クリームは奥まで処理するため青く残らないため、まるで脱毛手術をしたようにきれいになります。

脱毛クリームのデメリット

  • 肌が荒れる
    脱毛クリームは毛を溶かすため非常に強い成分が含まれております。そのため、使用後に肌が荒れることがあります。敏感肌の方は赤くなったり、より肌が乾燥しやすくなる可能性があります。
  • 全ての毛がきれいに脱毛できるわけではない
    脱毛クリームをしっかり馴染ませない限り、毛が残ってしまう可能性があります。また、毛によって太さが異なるため同じ時間でもきれいに脱毛できるとは限りません。
  • 使用後の部屋が臭くなる
    脱毛クリームのにおいはきついです。そのため、使用後に部屋ににおいが残ります。紙を染める液のように、刺激的なにおいが残ります。

体質によって脱毛クリームとカミソリを使い分ける

体の体質によって、カミソリで剃る摩擦に強いか脱毛クリームの薬剤に強いか使い分ける必要があります。これは人によって異なるため、一概に言えることではありません。どちらも肌にダメージを与えていることには違いないので、できることなら永久脱毛して毛を処理する頻度が減るほうが良いかもしれません。