ワキガは耳の垢で判断できる!セルフチェックの方法

ワキガの方は耳垢が湿っている可能性が高いです。

アポクリン腺が耳にもあり、分泌が盛んだと乾燥しているはずの外耳の垢が湿ります。ワキガのにおいがする前の前兆とも言われており、子供の耳垢が湿っていたら気にしてあげましょう。

ワキガだと耳の垢だけで気づくの早い!他にもあるチェック方法

耳垢が湿っているだけで「ワキガだ」と判断するにはまだ早いです。ワキガ独特の症状は耳垢だけではありません。その他のチェック方法も紹介します。

耳垢が湿っている

最初にも述べましたが、脇から臭う前に耳垢が湿ることがあります。アポクリン腺は耳にも存在しており、脇より先に分泌が活発になり耳垢が湿っています。また、成長期の子供は大人ほど脇から強いにおいは発していなくても、耳垢が湿っていることがあります。

服の脇部分が黄ばんでいる

アポクリン腺の汗には色素が含まれており、汗をかく度に汗で服が黄ばみます。アポクリン腺の分泌が活発なワキガはにおいだけでなく、服も黄ばませるため洗濯時に皮脂汚れに強い洗剤を使う必要があります。

両親がワキガ

両親の両方がワキガだと80%以上の確率で遺伝するため、自分の親から「ワキガのにおいがする」と思ったら自分のにおいも気にした方がいいです。

脇毛の濃さ

自分の脇毛が他の方より濃いとワキガの可能性があります。毛穴の中にアポクリン腺が存在しているため、毛の数とアポクリン腺の数は比例しています。しかし1つ1つのアポクリン腺から分泌される量が少ないとワキガでない可能性はあります。

脇に白い粉が付いている

脇に白い粉が付いていたら、ワキガだと判断してもいいレベルです。この白い粉は、アポクリン腺から分泌されるたんぱく質や脂質、糖質など固まったことにおきる結晶です。固まるほど分泌が盛んなのはワキガの方ぐらいしかありません。

ワキガだと気づかせられる1番は周りの反応

色々なチェック方法を言ってきましたが、「自分がワキガだ」と気づく1番は周りの反応です。あからさまに近寄ることや服の貸し借りを嫌がってくることに少し敏感になってみましょう。そして、まだ気づくことができないなら、脇にラップや布を挟み湿らせてみて嗅ぐことで自分のにおいが分かります。