ワキガ予防に綿棒で耳垢をチェック!

ワキガをチェックする方法に耳垢を綿棒で取り湿っているか確認することがあります。アポクリン腺は耳にも存在しており、分泌が活発だと普段は乾燥しているはずの外耳の垢が湿っています。しかし、これだけではワキガだと判断することは難しいです。

ワキガを自分でチェックする方法

自分がワキガだとチェックする方法は綿棒で耳垢を確認するだけではありません。今回は自分がワキガどとチェックする方法について紹介します。

外耳の垢が湿っている

外耳は常に外気と触れているため、乾燥していることがほとんどです。しかし、ワキガの方のようにアポクリン腺の分泌が活発になると耳からも分泌されているため乾燥しているはずの耳垢がドロット湿っていることがあります。

両親のどちらかがワキガ

ワキガは体質のため遺伝します。両親の片方がワキガなら50%、両方がワキガなら80%の確率で子供に遺伝します。一度家族に確認してみることで自分がなっているかどうかわかります。

洋服がよく黄ばむ

アポクリン腺から出る汗は色素を持っています。そのため、分泌が豊富になると服に付着し続けることで脇の部分が黄色くなります。普通の汗でも黄ばみますが、ワキガの方は特に黄ばみやすいです。

脇毛が多い

アポクリン腺は毛穴の中に存在しています。そのため、脇毛が多い方や毛が太い方はワキガになる可能性が高いです。またワキガでなくても汗が残りやすく蒸れやすいため体臭が悪化しやすいです。

ワキガのセルフチェックで全て当てはまったら可能性大

全ての項目に当てはまることがあれば、ワキガの可能性がかなり高いです。しかし、ワキガはこういったチェックよりにおいでわかる方が一番です。全てに当てはまっていてもにおいがしなければ、かなり軽度のワキガです。逆に当てはまらなくても脇から特有のにおいがして周りの人が気がつくようなものであってもワキガもしくは体臭がきついことを言います。すぐにそういった方はにおいをケアする必要があります。