ワキガ対策にめかぶに含まれているフコダインが有効!

ワキガはめかぶを食べることでにおいを抑えられる効果が期待できます。めかぶにはフコダインという成分が豊富に含まれており、体内の老廃物を除去する効果があります。アポクリン腺から出る汗は特に体内の老廃物の影響を受けやすくにおいの悪化する原因は食べ物の消化不良があります。

ワキガはめかぶを食べることで抑えられる

人間の皮膚は弱酸性に保たれていることで菌の増殖を抑えられます。しかし、汗に含まれる成分が酸性に傾くだけでもにおいを悪化します。中でもアルカリ性の高いもずくは酸性に傾くことも抑えられ、体内の調子を整えるだけでなくにおいの元を中和する役割も果たします。

めかぶに含まれているフコダインの効果

めかぶにはフコダインが豊富に含まれています。このフコダインが体内の調子を整えます。このフコダインの効果について解説していきます。

  • 免疫力の向上
    NK細胞という体内のウィルスや病気原体を攻撃する細胞を活性化させます。間接的に病気の発生や悪化を防いでくれます。
  • 胃を守る
    フコダインは胃を荒らすピロリ菌を除菌してくれます。フコダインを構成する成分は胃の粘膜にも存在しており、胃の粘膜を好むピロリ菌をフコダインが引き付け体外から腸へ運び便で出されます。
  • 肝機能向上
    フコダインは肝臓が食べ物飲み物を消化する際に失った細胞を再生するのを促進させます。肝機能向上は消化がスムーズになり体内に老廃物が溜まりにくくなります。

このようにフコダインには体内に関わる異常を解消し、ワキガの原因となる老廃物が溜まることを防ぎます。

めかぶはお酢と一緒にすることで効果が高まる

めかぶ酢が料理のおかずであるように、めかぶはお酢合わせることで効果をさらに高めます。お酢に含まれているクエン酸は乳酸の生成を防ぐことができ、汗と乳酸が混ざることでにおいを悪化するこを防ぎます。中でも乳酸の影響を受けやすいエクリン腺の汗を抑えることで間接的にアポクリン腺の汗のにおいを抑えます。

体内環境でワキガのにおいを改善

ワキガのにおいは体内の老廃物から影響を受けやすいです。そのため、以前のワキガの割合が増えていることも食生活の変化が理由に挙げられています。偏った食生活の改善に食卓にめかぶを添えてみてもいいかもしれません。めかぶともずくはどちらも海藻類のもので特にどちらを摂っても同じぐらいの効果が期待できます。