ワキガ対策でウェットティッシュで脇を拭いちゃダメ

「ウェットティッシュでワキガ対策!」と言っていますが、ウェットティッシュにワキガ対策の成分が含まれていません。コスト的にも安く済むことで多用している方が多いです。さらに、ウェットティッシュで一時的ににおいを放つ成分を拭き取ることができても脇が濡れることで菌は増殖します。

ワキガ対策のためにウェットティッシュで脇を拭くことはやめましょう

脇をウェットティッシュで拭くことはやめましょう。「脇からにおいがする」と思い、そのにおいを除去するために拭き取ることは必要です。しかし、ウェットティッシュだけを多用しても一時的ににおいが抑えられているようにしか感じません。

ワキガ対策に殺菌効果は必要でもウェットティッシュは刺激が強過ぎる

脇汗が皮膚に付着することで菌が増殖してにおいは悪化します。そのため、脇をウェットティッシュで拭き取る行為はおすすめできません。中でも、アルコール成分を多く含むものは殺菌効果と引き換えに脇を傷めています。ワキガ専用用品はアルコール成分からの殺菌効果をなるべく避けています。脇も肌同様にデリケートな部分です。

ウェットティッシュに制汗作用はない

下記はエリエールで販売しているウェットティッシュ「除菌できるアルコールタオル」の成分です。

エタノール:アルコール剤

PG:保湿剤
ベンザルコニウムクロリド:陽イオン界面活性剤
アロマエキス:保湿・抗炎作用

使用用途:食事前の手指の汚れおとし、キッチンまわりの除菌、テーブルなどの除菌・・・

参考:エリエールHP

このように、ウェットティッシュにワキガに効く作用はアルコールによる殺菌のみです。使用用途以外で使うことはおすすめできません。肌には刺激が強いため家具ぐらいにか使えない印象です。手指に使うことも推奨していますが、乾燥肌や手が荒れている方に刺激が強いです。

ウェットティッシュを脇に使うより乾いたタオルで拭き取る

ウェットティッシュは肌に刺激が強く、ワキガ対策には不向きです。アルコールの揮発性で脇がすっきりしたような感じにさせているのも脇から脇汗と一緒に水分が飛んでいる証拠です。清潔な乾いたタオルで汗を拭き取った方が肌に安全です。ワキガ対策で重要なことは制汗作用のあるものです。どんな効果であり何でも脇に使って良いわけではありません。専用のものがあれば、それ以上のものは存在しません。