ワキガは重曹を使用することで予防!効果的な使い方

ワキガのにおいを抑えるためには重曹が効果的です。重曹の使い方は様々で、脇に塗ることや重曹風呂、服の洗濯など多用できます。そんな重曹の状況に応じた効果的な使い方を紹介します。

ワキガには重曹が活躍する

重曹はワキガに起こる症状を解決するために、様々な部分で活躍します。重曹は殺菌効果・消臭効果が高く、ワキガのにおいを抑えるために効果が期待できます。

外出時には重曹スプレーを持参する

外出時は重曹スプレーを持参して、においが気になった時に脇に吹きかけることで殺菌・消臭効果が期待できます。

【重曹スプレーの作り方】

  1. ペットボトルに重曹を100mlに対して小さじ1杯入れてよく振ります。
  2. 溶けにくい場合はお湯にすることで溶けやすくなります。
  3. 重曹の溶けたペットボトルからスプレーの容器に入れ換えます。
  4. 出先で脇のにおいが気になる際に、脇汗を拭き取り脇に直接吹きかけます。

重曹スプレーは一時的に抑えられますが、持続力がないため汗をかくとすぐに臭ってきます。

重曹風呂で体ごと消臭・除菌する

普段のお湯に重曹を30~50gの量を浴槽の大きさに合わせて入れます。体に対する刺激も伴うため、重曹の量は少なく入れて調整しましょう。重曹風呂に浸かることで脇だけなく、胸や陰部などの普段ではケアしにくい部分も除菌・消臭できます。

重曹の濃度を高くして毛穴の中を落とす

重曹の濃度を高くして、桶に重曹水を作ります。少し粉が残るぐらいで脇に付けてあることでスクラブ効果もあり、毛穴のしつこい汚れが落ちます。しかし、少し刺激やスクラブが肌を傷つける可能性もあるため敏感肌の方には向いていません。

服に染み込んだにおいを落とす

洗濯機に入れる前に、ワキガのにおいが染み込んだ服を重曹に浸けることで消臭効果あ期待できます。30分ほど浸け込み、水ですすいで重曹を落とし洗濯機に入れて下さい。

重曹はワキガのにおいを抑えるために多用できる

重曹は使い勝手が良く、においを抑えるときに活躍します。どの効果も消臭・殺菌のため制汗作用はありませんが、「においを落とす」という点では有効です。良い洗剤を買う前に重曹を1つ買っておくだけでも費用的に安価に済みます。