ワキガ対策に塩化アルミニウムで汗を止められるけど肌を痛める

ワキガのにおいを抑えるために汗を止める方法があります。中でも汗を止める効果が強い成分に塩化アルミニウムがあります。しかし、塩化アルミニウムは効果高い一方で副作用があり使い方を間違えると皮膚がかぶれたり、炎症を起こす可能性があります。

ワキガ対策に塩化アルミニウムを使うと副作用もある

塩化アルミ二ウムの効果

塩化アルミニウムは古くから多汗症の治療薬として使われてきました。その制汗作用は強く使用したほとんどの方が脇汗が止まりました。またその高い効果とは裏腹に安価に作れるため、制汗剤よりも好んで使う方が多かったです。

塩化アルミニウムが汗を止める理由

塩化アルミニウムを脇に塗ることで汗腺の開口部が塞がります。塞がった汗腺から汗が流れることを抑制します。

塩化アルミニウムは液体のものが多く、脇に塗り乾かすことで汗腺を止めてくれます。

エクリン腺の汗もワキガのにおいを悪化させる

塩化アルミニウムは汗腺を直接止めます。そのため、殺菌効果などはなくにおいを抑えるわけではなく汗を流しにくくします。また手術でも汗を止めるように、脇汗が出ないことでにおいを最大限に抑えられます。

塩化アルミニウムの濃度が高いものは病院

身近に塩化アルミニウムが成分で使われるものとして、オドレミン・ミョウバン・重曹などがあります。どれも、多く塩化アルミニウムが配合されています。

中でも、濃度の高いものは皮膚科や多汗症を扱う精神化などで処方されます。市販で買うより保険の効く病院で貰ったほうが安く済みます。

塩化アルミニウムの使いすぎは注意

塩化アルミニウムが肌に合わない方もいます。そのため、パッチテストを行い肌の反応をみましょう。また、パッチテストで異常がなくても使って痒みや炎症、かぶれるなどの副作用を伴います。効果がかなり高いため、最初は1週間に1回ほどで様子を見ましょう。

塩化アルミニウムは刺激が強い

塩化アルミニウムは刺激が強いため多用はできません。「汗が止まらないから」という理由で利用頻度が増えてくることは肌に対して危険です。制汗剤の多くのものに塩化アルミニウムは含まれていますが、どれも配合量を抑えているものばかりです。安全に使える商品とは言えません、また脇は刺激が強すぎてもにおいを悪化させる原因になります。