ワキガ対策にサウナ!良い汗で新陳代謝を促進すると効果あり

「汗」というものに対して「臭い」「不潔」というイメージがありますが、不思議とサウナの中が「汗臭い」と感じることはありませんよね。

清掃スタッフの方々がタオルを交換したり綺麗にしてくれているのはもちろんですが、常に清潔で木の香り・サウナの香りで不快感を感じることはありません。なぜでしょうか?

というのも、汗はそもそもニオイを持っておらず、肌や衣服に付着することで初めてニオイを発するものだからです。高温のサウナの中では、次々に汗が湧き出るためニオイを発する前に流れ落ち蒸発するため悪臭がしないんです。

もっと厳密に言うと、サウナでかく汗は表面的な汗(ほぼ水)なので、口径摂取した水分がそのまま出ています。従って、ダイエットやワキガ対策に「悪い汗」をかく手法としてはあまり適していないと言われています。

サウナで汗をかくことがワキガ対策になるの?

sauna

ワキガの方は汗をかくことに対して過敏に反応してしまいがちです。しかし、汗をかくことを拒めば、代謝活動が損なわれ、不潔な体になってしまいます。ではその対策として「サウナ」で強制的に発汗させることはワキガやニオイ対策になるのでしょうか?

結論から言うと、効果が全く無いわけではありませんが、近道と言える対策ではありません。

岩盤浴や有酸素運動による、体の内側から温めて、老廃物を押し出すような発汗であればデトックス効果があると言われていますが、サウナによる発汗はどちらかというと、瞬発的な温熱性発汗に近く、体を守る防御的な発汗なのです。従って、デトックス効果というより、体の水分がただ奪われていくだけになってしまいます。

しかしこれを定期的に行うと、「暑い時には汗をかく」「寒い時は汗をかかない」という体のバランス(自律神経)が整います。自律神経はワキガと超密接な関係があるため、それを目的にした場合には効果が期待できます。

効果をあまり理解せず、がむしゃらに汗を滝のように流していては、ただ体力が消耗するだけで意味がありません。

サウナが持つワキガへの効果・働き

  • 体質改善
    岩盤浴よりは効果が劣りますが、汗をかくことで体にデトックス効果をもたらします。
  • 活動していない汗腺を開かせる
    運動不足の人はワキ・顔・手の平のように汗腺の多いところしか汗をかきません(かけません)。しかしサウナで体全体を温めることにより、普段は汗をかかない部分からも汗を出させます。特に秋~冬にかけたシーズンは、月に1回でもサウナあるいは岩盤浴で汗腺を開放するよう心がけましょう。
  • ストレス解消
    ワキガはストレスが原因でニオイが強くなります。ストレスは男性ホルモンを活発にさせ、その分泌が皮脂腺へのシグナルともなっています。またサウナで体を温めることで睡眠不足解消・疲労回復への効果も期待できます。
  • 自律神経の乱れを整える
    サウナの中にはマイナスイオンが発生しており、気持ちをリラックスさせる効果があります。またサウナでドッと汗をかき、冷水を浴びて体を締めると自律神経のバランスが整い、ワキガの改善につながります。

良い汗は悪い汗の後に出る

日常的に運動不足の方が、サウナに入ると悪い汗がたくさん出ます。始めの間は、しょっぱい悪い汗ですが次第に味のしない良い汗をかき始めます。それが、悪い汗が出尽くされたサインです。

しかしサウナは時間にして10~15分が入っていられる限界です。それ以上は体に負担がかかるため、一度出て体を冷やしましょう。

サウナが「我慢」になってしまうと、先程挙げさせてもらった効果・働きが全て裏目にでてしまいます。

ワキガに効果的なサウナの入り方

  • サウナに入る前は食事を控えておく
    サウナ前に物を食べ過ぎると、胃の消化に血流が集中します。そのためサウナで血流が分散され体調を壊しやすくなるのです。
  • 水分補給をする
    良い汗を出すためには水分補給が重要です。サウナ前にコップ1杯(200ml)の水を飲んでおくとより汗が出やすくなります。また汗をかいたら水分補給しましょう。
  • サウナ前に体を洗っておく
    ワキガ臭が皮膚に付着したままではサウナ内にニオイが充満します。しっかりと体を清潔にして入ります。また体に付いた水滴は全て乾拭きで拭き取ってから入ると効果的です。
  • 我慢しない
    サウナでは「我慢」は禁物です。体に負担をかけてしまうとワキガを悪化させてしまいます。サウナに入る意味・目的を見失わないようにしましょう。
  • 汗をかくことが一番の目的ではない
    汗をたくさんかくことがワキガ対策におけるサウナのあり方ではありません。

ワキガに効果的な「塩サウナ」でワキの毛穴も洗浄

普通のサウナは80~100℃に設定されておりますが、塩サウナは40~50℃に設定されております。中に入っている塩を体に乗せていくことでリンパの流れを促進させ、美肌効果と毛穴の洗浄効果を得られます。塩は擦るのではなく体に乗せるだけで効果があります。

サウナはどれくらいの頻度で行くのがおすすめ?

ワキガである私たちがサウナに行く目的は「自律神経を整えること」です。第二に「汗をかくこと」。

運動ができなかった日や疲れている日など自分の体調に合わせて行くようにしましょう。行き過ぎることが体に負担になることはありませんが、1回あたりの時間が長すぎると体に大きく負担となります。

また一年間の間で最も汗のかきにくい冬の時期は週1回は通い、汗腺を開放させると良いでしょう。冬場は運動しても汗をかきにくいためサウナが効率的。

個人的には岩盤浴が最もおすすめ

ganbanyoku

度々紹介している「岩盤浴」ですが、個人的にはサウナよりよっぽどワキガに効果があると感じています。

理由は「我慢」する必要がなく、30分以上入っていられるからです。サウナのような80度以上の暴力的な温度ではなく、40度~50度ほどの低温でじっくり汗をかくことができます。

サウナは入った瞬間にドッと汗が吹き出てくるイメージで、どうしても表面的な汗しか出すことができません。しかし岩盤浴であれば体の芯からあたたまるため、本当の意味でのデトックス効果、老廃物の代謝ができます。

私の実感としてもサウナより岩盤浴で汗をかいた方がワキガへの効果は高いと感じています。

定期的に汗をかくことでワキが清潔に保たれる

良い汗の成分は酸性になり、殺菌効果があります。ワキガ臭の元を抑え、ワキを清潔に保ちます。

サウナや岩盤浴は、運動しない方も無理せず汗をかく習慣が付けられ、かつ継続しやすいのがメリットですね。

ジョギングやフィットネス、ヨガなどは始める前が一番テンションが高いのですが、初めた途端にモチベーションがどんどん下がっていき、結局残るのは買い揃えたシューズやシャツだけ。サウナや岩盤浴であれば、手ぶらでその場所に出かけるだけでよく、辛い運動をしいられること無く汗をかけます。