すそワキガの悪臭を強める菌と石鹸の関係

あそこが臭すぎる!この臭いなんとかしたい!!

自分がすそワキガであると自覚している場合、極力自分が出来ることで軽減したい。そう思いますよね。

すそワキガの人は一体どういう石鹸が適しているか説明します。

臭いの原因を作るのは悪玉菌

wash

ワキガ臭は、アポクリン汗腺からでた汗が皮膚や常在細菌と混ざることで臭います。

腸内の善玉菌、悪玉菌の常在菌の話は有名ですが、膣内や陰部にも存在し、善玉菌は弱酸性悪玉菌はアルカリ性を好む性質があります。

この二つはバランスが大切で、悪玉菌が無くなればいいというわけではないですが、悪玉菌が勝ってしまうと臭いの元となるさまざまな雑菌が活性化しワキガ臭が強くなります。

この仕組みから、性器を弱酸性に保ち善玉菌を増やすことで臭いを軽減することができるというのが分かってもらえると思います。

ゴシゴシ洗いは善玉菌を減らしている

強烈な臭いを落としたいがためにゴシゴシ、なんなら膣内まで自分で洗っている人がいますが、善玉菌をかなり減らして悪臭を増やす原因を作っています。

しっかり洗っているのに臭いが落ちないばかりか悪化した!という人はこれが原因。

悪玉菌が繁殖し雑菌を増殖させワキガ臭が強くなるばかりか、膣内の自浄作用は機能しなくなり炎症を起こし、おりものの異常分泌や痒み、生臭い魚のような臭いがするようになります。

泡立て優しく洗うことを心がけ膣内を自分で洗うのは避けましょう。

弱酸性の石鹸が適している

善玉菌が好む環境を作った方がいいので、弱酸性の石鹸または陰部の菌のバランスを保つ事に特化したデリケートゾーン専用の石鹸を使用することが適しています。

清潔に保つことで臭いを軽減できることは確かですが、洗浄力が高い石鹸は臭いを悪化させる原因にもなり得ます。

正しい石鹸、洗い方ですそワキガの臭いを軽減しましょう。