更年期で突然ワキガ発症ってありえるの?

「なんだか体臭が臭く感じる…。」

閉経前後に女性が発症しやすい更年期障害。旦那さんやお子さん、友人から臭いを指摘されたことありませんか?突然臭くなったから対処法がわからない!ワキガって突然なるものなの?そう感じると思いますが。

突然ワキガになる。なんてことはありません!
元々ワキガ体質だったのが更年期で更に臭いがきつくなったというのが正しいです。

更年期の症状でワキガ体質が悪化

suso

ワキガは産まれたときに決まるアポクリン汗腺の多さによって決まるので、突然ワキガになるというのは考えられません。

臭いがきつくなる主な原因は

  • 女性ホルモン低下によるホルモンバランスの変化
    更年期は卵巣の機能が低下している閉経前後の女性が発症しやすいのですが、卵巣の機能が低下するということは女性ホルモンのバランスも乱れるということ。ホルモンバランスが崩れるとストレスを感じやすくなり臭いに敏感になったり、臭いの元となるアポクリン汗腺が刺激され活性化し臭いが強くなります。
  • 自律神経の乱れから起こる多汗症
    自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、汗は交感神経の働きに発汗するように出来ています。自律神経が乱れると交感神経の機能も低下し汗をかきやすくなってしまい、蒸れやすく雑菌が繁殖しやすくなとってしまうためワキガ臭が強くなる原因となります。

これらが主な原因としてあげられますが、生理や妊娠出産も同じ現象が起こりやすいので臭いが気になったという心当たりはありませんか?

更年期でお股が臭うのはすそワキガ以外も考えられる

閉経前後にお股が臭くなったのは性器のワキガなのか?と感じる人が多いようですが、一概にすそワキガが原因とはいえません。卵巣の機能が低下すると同時に、膣内の自浄作用を助けているデーデルラインかん菌という善玉菌も減少することが関係しています。すると膣内に雑菌が繁殖しやすくなりますのでおりものが臭いと感じるようになります。

更年期による尿漏れもお股が臭いと感じる一因のようです。

更年期のワキガ対処法

女性ホルモンの乱れは自律神経を乱れさせ、汗をかきたくない!と思ってもそのストレスから更に多汗症を悪化させる…、という負の連鎖に陥りやすいのが更年期障害。

更年期障害は婦人科の血液検査で更年期であるか調べることが可能です。

ストレスをためないようにし、規則正しい食生活を心がけることで臭いを軽減させ、以前の様な軽度のワキガ状態まで戻すことが可能です。

しかし、ワキガであることには変わりないので、デオドラント商品を使用したり、ワキガ専用のクリームを塗ることで臭いを気にせず生活することがストレスを感じやすい更年期の時期にはぴったりではないでしょうか?