出産後お股がにおう!考えられる原因と対処法

なんだか産後は身体のあっちこっちがにおうな~と感じませんか?脇、おっぱい、お股、と出産を経験した女性の過半数がこの悩みに直面します。におい別で原因が異なることが多く、お股がにおう原因は以下のことが考えられます。

  1. 玉ねぎのようなツンとしたにおい→ワキガすそワキガ
  2. 血なまぐさく生理のようなにおい→悪露
  3. 生臭い魚のようなにおい→細菌性膣炎

「②」以外は一般的に「自然と」治るものではありませんので、これから解説する対策を実践してみてください。

産後のにおい対策

mata

ワキガ、すそワキガの場合

産後に体臭がきつく感じられるのはよくある話ですが、産後急に「ワキガになってしまう」というのもない話ではありません。

それこそワキガとは無縁に生きてきた女性でも、出産と同時に女性ホルモンも大量に分泌されホルモンバランスが崩しにおいを持ってしまうことがあります。特にすそワキガについてはその傾向が強いことも覚えておいてください。

ワキガはアポクリン汗腺から汗をかくと皮膚や体毛の常在菌とあわさりにおいを発しますが、このアポクリン汗腺は脇(ワキガ)、耳の中(軟耳垢)、乳輪(チチガ)、性器(すそワキガ)に多く存在しています。

ワキガが原因でお股が臭くなったと感じる人は、同時に赤ちゃんの口からワキガのにおいがすると感じたり、脇のにおいも気になるようになったという人が多いです。産後しばらくすると気にならなくなったという人も多いようですが、ずっと治らない、自分が治っても子供がワキガになる、ということもあるようです。環境や心理状態によってワキガは「必然的に」遷移するものですから、お母さんであるあなたの早急な対策が求められます。

すそワキガの対処法

蒸れると雑菌が繁殖しやすくなるので、下着を通気性の良いものにかえ、ナプキンはこまめに取り換えましょう。洗い過ぎはNG。炎症を起こしたり、細菌性膣炎にもなりやすくなり、さらに臭くなります。動物性のタンパク質や脂肪の摂りすぎもにおいがきつくなる原因となるのでバランスの取れた食事を摂りましょう。

またワキガクリームについては必須。すそワキガなどデリケートゾーンに使用しても問題がないものを使うようにしてください。

すそワキガにクリアネオ

悪露(おろ)の場合

血生臭く、生理のようなイカのような臭いが気になる人は悪露が考えられます。

産後は産褥期といわれる子宮復古期でレバーのような赤黒い経血からだんだんと生理終わりかけのような鮮血に変わっていきます。初産の方は量の多さやにおいのきつさに驚かれるのも無理はありませんが、正しい現象です。

対処法

こまめに産褥パッドを交換し、洗浄綿などで拭き取ることで、においを軽減することができます。

1ヶ月以上悪露が続き、においが改善されない場合は、産婦人科を受診しましょう。悪露だと分かっていた状態で先程のワキガクリームを使用してもにおい対策としては有効ですが、根本的な対策にはなりません。

細菌性膣炎

産後に性病!?と思うかも知れませんが、細菌性膣炎は性病ではありません。

産後は女性ホルモンと同時に免疫力も低下するので、膣内は自浄作用があるとはいえ菌が繁殖しやすくなります。おりものの悪臭がきつく生臭い魚のようなにおいがしたら細菌性膣炎の可能性が高いです。

対処法

自分で解決するよりも産婦人科に相談しましょう。適切な処置や薬を処方してもらえます。