生理後もずっとにおう「すそワキガ」は脇の対処よりも厄介

女性にとってイライラしたり精神的に不安定になったりと不愉快に感じることの多い生理。生理中のぷ~んとしたあの嫌なにおいも不愉快に感じますよね。あのにおいが生理後もにおっているように感じたり、パートナーに「ちょっとにおうかも」と言われて傷ついたことはありませんか?

原因は性器のワキガ、すそワキガである可能性が高いです。

性器がにおうなんて指摘もしにくければ、言われたらかなり傷つく言葉。すそワキガを理解してしっかり対策をしましょう!

すそワキガって何?ワキガは脇だけではない

ワキガと聞くとどうしても脇をイメージしますよね。

ワキガは、アポクリン汗腺という汗腺から汗が出て肌の常在細菌と交わることでにおいが発生します。このアポクリン汗腺は脇だけではなく、乳輪(チチガ)性器(すそワキガ)にも存在しています。

アポクリン汗腺は遺伝により産まれたときに決定します。性器のアポクリン汗腺から汗がでて、毛や皮膚の常在細菌と交わりにおいが発生するのがすそわきがです。

ワキガより強烈なにおいを放つすそワキガ

ワキガとすそワキガ、基本的に同じにおいといわれていますが陰部の方が圧倒的に蒸れやすく、おりものや生理の経血もにおいを発することからより臭く感じることが多くあります。体調が悪いと、おりものが臭く感じるという女性が多いように、性器ではなくおりものが悪臭を放っている場合は婦人科系の病気が疑われます。

ワキガのにおいは脂肪や動物性のタンパク質を多く摂取することで、アポクリン汗腺が活発になるといわれています。

suso

さらに、すそワキガは男性より女性の方が多い傾向にあります。アポクリン汗腺は性的興奮よっても刺激されてしまい性行為中ににおいを指摘されて傷付いたり、においが原因で別れる、恋人作りが怖くなるなど、対人恐怖症になってしまう人も少なくありません。

すそワキガの自分で出来る対策は?

すそワキガの一番の対策は、性器を清潔にし雑菌を増やさないこと。

最近市販されているおりものシートは、いい香りがするものが多く通気性もいいのでこまめに取り換えることができ下着ににおいも付かないので女性人気が高いですよ。もちろん性器は洗った方がいいですが、ゴシゴシ洗いや石鹸類の使いすぎは逆効果。

「念入りな洗浄」と書かれているサイトも多いのですが、洗いすぎは性器に必要な常在細菌も洗い流し雑菌を繁殖しやすくしたり、炎症を起こした性器をカバーするためにおりものが必要以上に分泌されてにおいの元となります。陰毛も多いほどにおいを発しやすいのである程度処理することも適しています。ワキガクリームはデリケートゾーンに使用できるものも多くありますので使用してみてはいかがでしょうか。