ワキガは臭いは誤解?人を惹きつけるフェロモンの香り

ワキガのにおいは人間の持つフェロモンのにおいです。そのため、昔は人を寄せ付けるための香りでもありました。しかし現在では「ワキガ=臭い」というイメージが先行してしまいがちです。

フェロモンは動物なら持っている大切な機能

フェロモンは動物が繁栄させるために備わっている機能です。アポクリン腺は動物の持つ芳香腺が退化したものでもとはフェロモンを出すためのものです。そのため、ワキガ(体臭)があることは当たり前のことなのです。

家族の持つフェロモンのにおいは同じ

父親、母親は元は他人のため、同じにおいを持っていませんがその間から生まれてくる子供にはフェロモンが遺伝します。特にワキガは遺伝しやすく生まれてくる50%以上の確率で遺伝します。また動物の性質上、同じにおいをする方を嫌う本能を持っており、年頃の女の子が異性である父親を嫌う理由でもあります。逆に異なるにおい(フェロモン)を放つ方を好きになりやすいとも言われています。

フェロモンは異性を惹きつけるために使われていた

動物のように容姿が全く同じ世界では、フェロモンが異性を惹きつけるための機能です。人間は人それぞれ顔や体系などが異なっているため、そのフェロモンが必要なくなり芳香腺が退化したと言われています。他の動物は体中にアポクリン腺があり、体全てからにおいを分泌しています。これは人間の性的信号がにおいではなく見た目に変わったことを意味しています。

フェロモンも分泌は大人になるにつれて増えてくる

フェロモンは動物が成熟したサインと言われており、交尾を行う準備ができたことを異性に伝える手段です。そのため、その手段は人間も同様で体が成長する過程で分泌が盛んになります。また女性が生理中に、においが悪化するのはこのためです。

現代ではワキガは臭すぎるとただの異臭扱い

現代の日本ではワキガは臭すぎるとただの異臭扱いです。異臭だと思っているの日本だけではありません、ワキガの割合が90%以上の欧米でさえワキガケアは当たり前のことです。「ワキガはフェロモンだから人を惹きつける」と間違っても思ってはいけません。ワキガはにおいを抑えることが日本では普通の話です。