ワキガ手術のレーザー治療は保険適応外だからめちゃくちゃ高い

ワキガの手術で保険適応のものは剪除法しかありません。その他のレーザー治療やボトックス注射などは保険適応外となり、手術費がどれも高くなってしまいます。例外でボトックス注射は「原因もなく日常生活に支障が出るほど多くの汗をかく病気」と医者が判断された場合のみ保険適応なります。レーザー治療が保険適応となる可能性はありません。

レーザー治療は保険適応外だけどなぜ?

re-za-tiryou

一番の理由はワキガが病気として判断されていないことが理由です。個人の体質によるワキガは言い方を変えれば「自分で対処してほしい」ということです。また、ワキガの治療を美容目的として要素が強いことが挙げられます。

他にも、美容外科などで行われる手術を自由診療、病院の形成外科で行われる手術を保険診療と分けられています。

レーザー治療だけが高いわけではない

ワキガの手術のほとんどは自由治療です。そのため、どの手術も10万円を超えるものほとんどです。美容外科で行っている治療は自由治療です。保険治療の行っていない病院では、たとえ剪除法でも自由治療の費用が請求されます。

剪除法でも確認しておく必要がある

「安いなら剪除法をする方が良いじゃん」と思う方も多いですが、全ての剪除法が保険適応となる訳でもありません。

保険適応させるために以下の条件を提示される可能性があります。

  • 手術する病院が保険診療を受け入れているか?
  • 保険適応の症状と医師が認めている。
  • 保険適応が認められた治療法

ワキガの剪除法を行っている病院も限られてきます。また、保険適応の基準があいまいな受けたくても受けれない可能性があります。また、脇に傷跡が必ず残るため女性にとって難点です。

保険適応となれば、費用は両脇を3万~5万円程で済みます。

保険適応にならなければ医療費控除を活用

年間の医療費が10万円以上超えている確定申告時に医療費控除を行うことで医療費にかかった税金が戻ってきます。その費用に関しては通院にかかった交通費や治療費、診察費などの病院に関わる費用の全てが対象になります。もし、病院を電車で通院している場合は領収書を準備しておいた方が良いです。(参考:国税庁

手術は剪除法以外は高い

傷跡が残る剪除法はあまり女性には不向きの手術ですが、他の手術は自由診療となるため費用が高いです。ワキガは手術でしか治す方法がないため、においに耐え切れず手術を決断する方も少なくありません。今のところの手術の選択肢には「傷跡を残して安く治す」か「傷跡を残さず高く治す」の2択になってきます。あまりにも選択肢が狭すぎるように感じます。ワキガの欧米では女性でもワキガ手術を受けている方は少ないです。そもそも体臭(ワキガ)あって当たり前という考えを持っています。「臭うならケアすれば良い」と最初からワキガを受け入れています。日本人には手術の考えがあった方が国民性には合っているのかもしれません。