病院の検査で絶対にわかるワキガの項目とは

ワキガは自覚症状から始まる方も多いですが、病院の検査によって判断されることもあります。実際行われている検査は自宅でも確認できることで本当にワキガか確信をつきたい場合は脇を切開する必要があります。

ワキガを病院で検査するときに行うこと

ワキガの検査を行う場合は皮膚科か形成外科に行き、もし病院ではなくクリニックの場合は美容整形外科か美容外科に行きましょう。

病院で行われるワキガチェック方法

  1. ワキガが家族の中にいるか確認
    ワキガは遺伝するため、両親がワキガだと80%の確率でワキガです。
  2. 耳垢の湿りを確認
    アポクリン腺は耳にもあるため、分泌が活発だと外耳の垢が湿ってしまいます。
  3. ガーゼを脇に挟む
    ガーゼを脇に挟み多少汗ばむ程度に運動を行います。病院の中の運動のため階段の昇降運動が多いです。汗の染み付いたガーゼをにおいを確認します。
  4. 日々の日常をカウンセリング
    食生活やストレス、何がワキガの原因になっているかを確認します。
  5. 最終的に試験切開
    試験切開を行うことで確実にワキガの密度やアポクリン腺の大きさやタイプなどがわかります。重症度もわかるため今後の対策にもなります。

主に病院で行われている内容は以上になります。3までにワキガのにおいが検出されなかったらワキガでも軽度です。そのため、5まで行わなくても薬や制汗剤ですぐに抑えられます。

自宅でできるワキガチェック

  • 耳垢を綿棒で取ってみる
  • 両親にワキガかどうかを確認する
  • 服の脇部分が黄ばんでいるかチェック
  • 脇に白い粉がないか確認
  • 汗が人より出やすいか
  • 脇にラップを巻いて付いたにおいを嗅ぐ

方法は様々ですが、ワキガは特有おにおいがします。そのにおいがしたらワキガの可能性が高いです。一番の方法は友達に確認してもらうことですが、さすがに恥ずかしいためおすすめはできません。

自分がワキガだと気づいたらにおいケア

自分がワキガどと気づいても落ち込むことはありません。ワキガは治すことも抑えることもできます。一番早いのはワキガクリームを使ってみましょう。手術する程でもない海外ではワキガを抑えるおとが当たり前になっています。海外が90%以上の方がワキガのため、ワキガケアは習慣付いています。あなたが知っている勇名なハリウッド女優の中にも確実にワキガの方がいますよ。