ワキガ手術せずニオイを根治させる方法まとめ

ワキガ手術には、汗腺を切る剪除法や、切らずに汗腺の機能を停止させるミラドライボトックス注射など様々な方法があります。しかし手術によるワキガの対策は「必ず」副作用や消えない傷跡が残ったり、また手術費用が高額と、リスクがつきものとなります。

しかし不思議なことに、欧米では9割以上の人がワキガだというのに、手術をしている方はほとんどいません。こんなにワキガに対して「手術!手術!」と騒ぎ立てているのは、実は日本だけなんです。国民性や習慣というのもありますが、日本以外の国において「ワキガ手術をする」というのは、日本で言う「整形手術」に対するイメージと同じだと言います。

あまりにイレギュラーな方法であり、また失敗もつきもの、「なぜ手術なんてするの??」というのが各国の印象なんです。この記事では、日本以外の国がどうやってワキガと向き合い対処しているのか踏まえながら、私自身の考えをまとめていこうと思います。

ワキガ手術をしないでワキガ臭を抑える方法

balance

あまり公になっていませんが「ワキガ」というのは時間が解決してくれる問題です。すなわち、加齢によって臭いが徐々に薄くなります。

従って、「一生ワキガで悩む」ということはあり得ません。ワキガは優勢遺伝で両親もワキガである可能性が高いと思いますが、例えばあなたのおじいちゃんやおばあちゃんが今なお「ワキガ臭い」ということはないと思います。まずはこの基本を抑えておいて下さい。

これを踏まえた上での私の考えた「ワキガ手術をしないでワキガ臭を抑える方法」は以下3つです。

 

 徹底的な食生活改善
一昔前までは加齢臭やワキガなど、体臭に関する悩みは日本においてほぼゼロでした。なぜなら日本は菜食玄米という肉や油を含んだものを食べない食生活を行っていたからです。肉というのは体臭を強くし、油はその臭いを後押しするように高める力を持ちます。

そもそも日本人の腸は、細く・長い構造をしており、肉や油を消化する形に適していないのです。日本人がワキガになってしまった大きな原因が食生活だと言われているのです。

http://www.rhapsody.ne.jp/
http://www.rhapsody.ne.jp/

中でも「乳酸菌」関係の食生活を主とするバランスにすれば、体臭関係の悩みはほとんど解消されると言われています。あまり知られていませんが、今ワキガを含めた体臭・口臭関係のサプリメントの主成分は「乳酸菌」です。食生活においても、ヨーグルトや納豆、キムチなどの発酵食品を取り入れ、肉や油分を多く含んだ食事は極力無くすように心がけてみましょう。

 

 ワキガの発動条件・原因を知る

ワキガの臭いがなぜするのかご存知ですか?単に脇にアポクリン腺が多く分布しているからという理由ではありません。アポクリン腺が多くても、そのアポクリン腺から汗が分泌しなければニオイはしません。すなわち、アポクリン腺の分泌を強くしている要因があるのです。

それが「自律神経」です。

これは精神論や虚言を述べているのではありません。ワキガのもととなっているアポクリン腺は「自律神経の乱れ」がスイッチになって暴走していることが明らかになっています。

jiritsushinkei

「自律神経が乱れる」というのは、簡単に言うと、「落ち着きがない」「精神不安定」のような状態。上司に怒られるとすぐに動揺してしまったり、緊張の場面になるとドッと汗をかいてしまったり、手が震えて喋れなくなってしまったり…。交感神経・副交感神経の切り替えをうまくできない人を指します。

ワキガの人で言うと、「今私臭いと思われてるかな?」「みんな私のニオイに我慢してるのかな?」などと気にしてしまうと、それがワキガスイッチになりアポクリン腺が発動してしまうのです。またこれはアポクリン腺の量の問題ではなく、通常「ワキガではない」と判定されるほど少ない量のアポクリン腺でも、「気にしすぎ」が原因でワキガ臭がしてしまうこともあるのです。

でも「気にするな」と言われても、実際に臭かったり、これまでの経験があるとそれは本当に難しいことですよね。だからこそ次の対処法が生きてきます。

 

 最強のワキガクリームを使う

「最強の」というのがポイントです。最強じゃなければ意味がありません。

私が最強だと思っているワキガクリームは「クリアネオ」です。またこれは私の個人的な感想ではなく、科学的に唯一「制汗防臭剤の腋臭(ワキガ)防止効果がある」と公に発表されている成分イソプロピルメチルフェノールを含んでいるんです(花王による研究発表)。

cleaneo_001

cleaneo_9849

クリアネオは国内で売られているワキガクリームの中で間違いなく最強の効果を持っています。私がなぜこのクリアネオを使うことがワキガ対策になると話しているかというと、「これを使ってダメなら、もう後が無い」からです。

最強の制汗力・ワキガ臭の消臭力を持ち、それを使うことで身も心も安心します。先程「ワキガは自律神経の作用による」と解説しましたが、洋服と同じで、「これを身にまとっているだけで安心する」「前を向いて歩ける」と気持ちから晴れやかになります。

効果があるのかな…、ダメだろうな…、という気持ちで使うと間違いなく効果はないですし、仮にクリアネオ以上に本当に効果があるクリームを使ったとしても恐らくダメです。

ワキガは治りようがないものだと思われがちですが、気持ちの持ちようや、使うアイテムによって間違いなく対処可能です。

btn-r▲クリアネオの公式ページが見られます

まとめ~ワキガは手術をしなくても対処可能

繰り返しになりますが、ワキガ手術は日本以外でほぼ行われることがないイレギュラーな対処法です。また手術失敗、再手術、傷跡が残る、手術費用が高額(30~60万)、再発する、保険適用外、など手術を受ける側にとってリスクとなる点がたくさんあります。

そんなリスクを背負わなくても、上記にまとめたような

体質改善
→徹底的な食生活の改善に努め、内側からワキガの要素を排除します。食の欧米化によって摂取しすぎている肉や油を極力控えましょう。物理的に日本人と西洋人の腸の構造が違うため、体に取り入れるものから変えていかないと何も変わりません。

原因把握
→ワキガはアポクリン線の量が少なくても発症します。その原因が「自律神経」です。自律神経を整えることで、たとえ人よりアポクリン線が多くてもワキガのニオイを抑えることができます。

最強のワキガクリームを使う
→自律神経を整えるためには、体質改善のような内側対策だけでなく、洋服や香水のような外側から着飾り自分に自信を持つことが大切です。実際に科学的根拠が認められた腋臭防止剤を含んでいるワキガクリームを使うことで、「自分は臭っていない」と堂々と振る舞いましょう。