ワキガを強くさせる男性ホルモンは女性にも存在している

ワキガは女性より男性の方がにおいが強いです。これは男性ホルモンの分泌が関係しており、男性ホルモンがワキガのにおいを強くしています。女性にも男性ホルモンは分泌されていますが、すぐに女性ホルモンに変換されてしまうためその量は男性の10分の1程しかありません。

ワキガのにおいを強くする男性ホルモンは女性にも存在している

danseihorumon

通常、人間の体は最初に男性ホルモンであるアンドロゲンを生成します。しかし、女性の場合卵巣内から分泌され、途中で女性ホルモンであるエストロゲンに変換されています。そのため、体内で分泌されている90%は女性ホルモンになっています。女性ホルモンは女性らしい体系を作り出すために必要なホルモンです。中には男性のような筋肉を付けたい方もいます。筋トレを行うことで、女性の体内にあるアンドロゲン受容体にアンドロゲンが結合することで筋肉を発達させます。

女性が男性ホルモンが増えるとき

女性の中で男性ホルモンが多くなるときは生理前や生理中です。女性ホルモンと男性ホルモンのバランスがうまくいかなくなります。また男性ホルモンが大量に分泌されると排卵障害が起こり不妊症に悩まされることがあります。

男性ホルモンがもともと割合として多い女性の特徴

10%以下で分泌が留まっている女性がほとんどですが、中でも男性ホルモンの割合が人より多い方に出る症状があります。

  • 声が低い
  • 体毛が濃い
  • ニキビができやすい
  • 抜け毛が増える
  • 性欲が強い…など

男性ホルモンが多いことは女性にメリットがないように思います。よくTVで「女性アスリートは性欲が強い」と言われていますが、もしかしたら本当かもしれませんね。

男性ホルモンが増えることは生理だけではない

男性ホルモンの割合が増えてくることは生理だけではありません。ホルモンバランスが崩れるわけではなく徐々に男性ホルモンが増えていくことです。完全に割合が逆転することはありませんが、割合が少し増えるだけでもワキガに影響を与えます。

  • 食事の量が男性と同じカロリー
  • プロテインやサプリメント多用している
  • 男性のようにフィットネスではなく筋肉を太くする筋力トレーニングを行っている

男性らしい行動をとっていると男性ホルモンが少しですが割合として増えるようです。

ワキガは女性の方が抑えやすい

男性ホルモンが少ない女性はワキガのにおいが抑えやすいです。女性ホルモンの分泌が正常に行われていれば、重度のワキガでもクリームでにおいは抑えられます。常日頃から女性らしさを保っていることがワキガ解消に繋がるかもしれません。