ワキガの人は毛深いって本当?脇毛とにおいの関係

脇毛とにおいは大きく関係していますが、「毛深い=ワキガ」というわけではありません。しかし毛深いほどワキガの可能性が高いにおいが強いというのは本当です。

脱毛するとにおいが和らぐように、においを強める要素となっているのは間違いありません。

脇毛が濃いとワキガのにおいも強い

wakigekebukai

脇毛が濃いとワキガのにおいが強い傾向があります。しかし、毛深いからワキガというわけでもありません。毛深いことがなぜワキガと関係しているか解説していきましょう。

アポクリン腺は毛穴の中にある

アポクリン腺は毛穴の中に存在します。アポクリン腺は人間であれば、誰にでも存在する器官です。そのため、毛深いことでアポクリン腺の量が人より多いです。においが分泌される器官が多いことでワキガのにおいを悪化させます。

アポクリン腺から出る汗が臭いのはワキガ
アポクリン腺から出る汗ににおい成分は多く含まれていますが、必ずしもアポクリン腺の量が多くても臭いにおいを分泌するわけではありません。ワキガは体質によるものなので、普段の生活が原因になる可能性もあります。言い方を変えれば、「誰でも体臭が臭くなる可能性を持っている」ということです。

汗が付着する面積が大きくなる

毛深いことでアポクリン腺から分泌される汗が付着する面積が広くなります。その分、普通の人より菌の増殖する可能性を上げています。アポクリン腺から出る汗は分泌された瞬間は無臭ですが、皮膚や毛に付着することで菌が増殖してにおいを悪化させます。

毛深いと脇が蒸れやすい

脇毛が毛深いと蒸れやすく汗をかきやすくなります。体温調節で出る汗にも菌は含まれており、アポクリン腺から出る汗と混ざることでにおいを悪化させます。ワキガのにおい対策に制汗作用が用いられていることも汗を抑えることでにおいの悪化が防げます。

毛深いと乾きづらい

脇毛が濃いと、かいた汗が毛に付着して湿ったままになります。毛の量が多いと、乾くようにする面積が増えているため乾きにくくなります。また、一度汗が付着するとタオルでふき取ってもきれいに汗を取り除くことは難しくなります。

脇毛の処理をしてもアポクリン腺の量は変わらない

脇毛を処理することでにおいを抑えられます。毛穴の中にアポクリン腺があるため、毛を剃ってもアポクリン腺の量は変わりません。脱毛することでにおいを悪化させる原因の1つを除去したことに過ぎません。しかし、脱毛することでワキガケアしやすくなるため制汗剤やデオドラントの効果を上げます。毛がない分、毛穴に直接塗りやすくなります。

毛は剃っても良いけど抜いてはいけない
毛の処理にピンセットで毛を抜く人がいますが、毛を抜くと毛穴を刺激してアポクリン腺の分泌を促進させます。毛穴が傷つくこともアポクリン腺の分泌を増加させる原因になります。

毛の処理よりデオドラントで汗を止める方が効果的

毛深い方でも、汗を止める制汗作用のあるものでにおいを抑えた方が効果的です。

毛がなくなっても、毛穴の中にあるアポクリン腺の量が変わらないとワキガはにおいを発します。アポクリン腺を取り除くためには手術しかありません。手術以外での方法は現在では汗を止めて脇を清潔に保つ方法しかありません。脇は体から老廃物を分泌する重要な器官です。たとえ手術のように、脇からアポクリン腺を取り除くことができても「他の部分から汗が出やすくなった」「陰部からのにおいが悪化した」などの可能性があります。

そういったことも考えて、においが気になる瞬間だけ抑えることができるデオドラント商品などが使い勝手は良いように思えます。