脇毛が少ないのに脇のにおいが強い場合、ワキガの可能性は低い

脇のにおいが強いのは何もワキガだけが原因ではありません。中でも脇毛が少なく脇のにおいが強い場合は、ワキガの可能性が低いです。ワキガの原因であるアポクリン腺は毛穴の中にあるため、脇毛の量とアポクリン線の比例します。

脇毛が少ないのに脇のにおいが強い原因

wakigenai

脇毛が少ないのに脇のにおいが強い場合は、ワキガ以外のことが原因になっている可能性が高いです。ワキガでなくても脇のにおいが強くなる原因について紹介します。

脇が乾燥している

過剰に脇をケアし過ぎると脇が乾燥してきます。特に市販のものやアルコール成分の多いものは脇を乾燥させます。脇が乾燥すると、皮脂の分泌が活発になり汗と混ざることで脇のにおいを強くします。

脇の洗浄のし過ぎも脇を乾燥させる

脇のにおいや汗はどれも水溶性のものが多く、水で洗い流せます。そのため、無理に垢すりやボディソープを何度も付けて洗ってしまうとかえって脇を乾燥させてしまいます。また、固形石鹸や液体石鹸を泡立たせないでそのまま付けることも危険です。

多汗症により汗をかき過ぎている

多汗症とワキガを同じように考える方もいますが、全く別物です。多汗症の汗はエクリン腺から流れる汗のため、ワキガのにおいと異なります。しかし、エクリン腺から出る汗もあまりに多くなり服に付着し続けると菌が増殖して強いにおいを発します。

多汗症は精神的にくることが多い

多汗症はストレスや緊張、不安などの精神的に起こることが多いです。精神発汗とも言われており、交感神経が敏感に反応しやすい方に陥りやすいです。

ホルモンバランスが乱れる

女性の体臭が臭くなる原因にホルモンバランスが乱れることがあります。生理時や妊娠時、出産後は体の免疫力が下がりホルモンバランスが乱れます。女性は体内の90%が女性ホルモンですが、その割合が傾き男性ホルモンの割合が増えると体臭が強くなります。女性より男性の方が体臭が強いのは男性ホルモンの量によるものです。

ホルモンバランスが男性ホルモンに傾く原因

  • ストレスや疲労
  • 過剰な筋力トレーニング
  • 不規則な生活
  • 冷え性
  • 偏った食生活
  • 無理なダイエット

女性が体にストレスを感じることや筋力トレーニングのように男性に近い筋肉が付くことでも体内の割合が増えます。

脇のにおいを抑えるための方法はワキガの方と共通している

普通の方でも脇のにおいを抑える方法はワキガの方と共通しています。逆に、ワキガでなくても脇のにおいは簡単に強くなることを意味しています。普通の方であれば、慢性的に臭うことはないので脇のにおいが強いと思ったら抑える方法を試してみましょう。