脇のにおいは誰でもするもの!ワキガと判断するのは早い

誰でも脇からにおいはします。ワキガの原因であるアポクリン腺からの分泌もあれば、エクリン腺から出る汗もにおいます。中でも誰でも臭う例として足のにおいがあります。エクリン腺が体の中で最も多く存在している誰でも臭くなる部分です。

脇のにおいは誰でも臭う!自分がワキガだと判断するのは早い

daredemo

脇汗や足汗、背中汗など汗は体の様々な部分から流れます。汗が臭わない方はいません。体温調節されて出るエクリン腺の汗も99%は水分ですが、残りのミネラルやアンモニアが肌や服に付着することで菌が増殖します。菌が増殖しない人間などいなく、普段の生活では皮膚には常在菌が存在しており常に外部の病原菌から守っています。

脇が誰でも臭うとき

脇が臭う瞬間は人それぞれでなく、共通しているものがあります。ワキガでなくてもキツイにおいを発し、時には「私はワキガじゃないの?」と思うぐらいです。しかし、そのにおいは一時的なもので原因がわかれば防げるものです。ワキガの方のように、慢性的に臭うものではありません。

  • ストレスや緊張から出る汗
    暑いわけでもないのに、緊張や体にストレスを感じるとジワっと嫌な汗をかきます。この嫌な汗はアポクリン腺から出ている汗で、におい成分が豊富に含まれています。服や肌に付着して時間が経つと臭ってきます。
  • アルコールを飲み過ぎた次の日
    体内で分解できないほどのアルコールを摂取した場合、次の日まで体内に残り汗に混ざって出てきます。この時のにおいは体の中でアルコールが酸化したため、酸っぱい柑橘系のにおいがします。
  • 肉を食べ過ぎた日
    ワキガのにおいを悪化させる食べ物に肉があります。焼肉屋さんなどで肉を過剰に摂取し過ぎると、消化しきれない肉が腸内に残り汗のにおいを臭くします。
  • 便秘が続いているときの汗
    便は体内で最も老廃物を排出する重要な習慣です。そのため便秘で体内に老廃物が溜まることにより、汗のにおいだけでなく口臭にも影響を与えます。

どんなに臭ってもワキガでなければ一時期的なにおい

誰でもワキガのように慢性的に臭う可能性は低いです。どれも一時的なもので、原因が分かればどれも改善できてしまいます。もしワキガのにおいがしたら、自分の生活を見直してみてみましょう。先ほどの例に当てはまらない場合は、一度自分でワキガチェックをしてみましょう。