ワキガが右だけ(片方)から臭う原因は?

「片方だけ臭い」「片方だけワキガ」そんなことがあるの??と思うかもしれませんが、厳密に言うとその方は両方ワキガです。ワキガの原因であるアポクリン腺が片方だけにあることはありません。左右どちらにも存在しております。しかし、人間の体は左右対称に作られていることはなく、両方のアポクリン腺の量や汗腺の大きさが異なることが原因です。

また成長していく過程で利き腕からニオイやすくなることがあるため「右だけ」から臭うことがあるのです。

なお上記の内容は科学的なことであり、実態として「片方だけ臭い」「片方のみワキガ」ということはあり得ます。

片方からワキガ臭がする原因

migidake

人間の体は左右対称に完璧に作られているわけではありません。「右だけから臭う」ということは十分考えられます。しかし、片方だけ臭いという事実だけを見て「自分はワキガだ」と断定するのは早いです。他の理由も考えられます。

片方だけからワキガのにおいがする真の理由

臭っている片方の脇というのは「利き腕」ではないでしょうか?片方だけのワキガの場合、多くのケースが利き腕から臭っていることが考えられます。

利き腕からワキガの臭いがする理由は以下のことが考えられます。

  • 良く動かすので汗をかきやすく単純に血行が良い
  • 成長していく過程で、利き腕だけに筋肉が増えて右手の基礎代謝が高い
  • アポクリン腺の量は利き腕に集中することが多い
  • ストレスや不安、緊張などの精神性発汗は利き腕・半身に集中しやすい

主たる明確な原因というのは明らかになっていませんが、片方だけからワキガの臭いがしてしまうというのは珍しいことではありません。しかしこれだけは間違いないのが、ワキガというのはアポクリン線の量の程度を表す俗称であるということです。

科学的には両脇にアポクリン線が存在するため、全人類がワキガです(全くアポクリン線がないという人もまれにいますが)。その汗腺の多い・少ないでワキガかどうかを判断するため、「片方だけワキガ」というのは表現的には誤り。片方にアポクリン線が集中しているというのが正しい表現で、それ自体は何も珍しいことではないとされています。

片方だけしか臭わないなら多汗症の可能性有

ワキガであれば、においに多少の差が出ても両方からにおいがします。それでも片方から強いにおいを発しているのであれば多汗症の可能性も考えられます。

エクリン腺から出る汗のにおい(いわゆる「汗臭い」におい)をワキガと勘違いされている方もいます。

多汗症は言い換えれば「自律神経失調症」であるため、片方半身から汗が出たり、寒気を感じたり、そうした理解不能な体の症状が起こります。多汗症の疑いがある場合、

本当に片方だけが臭いのか?(もう片方は全く臭くないのか?)
汗は両方の脇から出ているか?
症状の発症はいつからか?

この3つを確認するようにしてください。多汗症の場合、幼い頃の経験や嫌な体験が原因で発症するため(0~3歳の間にかいた汗によって汗腺の量が決まると言われている)、急に多汗症になることはほとんどありません。ただ、ワキガの場合は一時的な食生活の乱れや生活環境の変化で変わるため、急に訪れることはあります。

スポーツをやっている場合、片方だけ臭うことがある

tenis

テニス・卓球・野球など利き腕を酷使して行うスポーツでは、左右の筋肉量が変わり代謝の量も変化します。特にテニスは利き腕と腕の太さが違うことがわかるスポーツです。

動作で片脇だけを使うものが多いスポーツはどうしても成長過程で脇の汗腺が利き腕に偏りやすくなります。

また、「右だけ臭う」という人が多いのも利き腕の割合が圧倒的に右腕の方が多いからです。

片脇だけのワキガ手術

http://www.ginza-wakiga.net/
http://www.ginza-wakiga.net/

ワキガ手術を決断する場合、「片脇のみ」を行うことも可能です。しかし片脇だけのワキガ手術は代償性発汗の可能性を非常に高めることになります。反対側の脇の多汗症は高い確率で起こることを覚悟しておきましょう。

手術をせずにワキガを治す方法まとめ

アポクリン腺は脇以外にも存在する

字を書くことや運動によって利き腕を酷使するため、片方のみワキガになってしまうことはあります。しかし、ついつい忘れがちですがアポクリン腺は脇だけではなく耳や陰部、へそ等の部位にも存在します。

片脇のアポクリン線の除去手術をしたり、片脇だけにワキガクリームを塗ったり、限定的な対策をしてもワキガの対策にならないこともあります。というのも、「汗」というのは1日の代謝量が決まっているため、部分的ににおいや発汗を押さえ込んでも、他の部位からの発汗を避けることが難しいからです。手術などの物理的対策を推奨しないのもそのためです。

根本の対策としては、やはり「心」の強化を図るしかありません。精神論を言っているわけではなく、最近ではワキガも「自律神経失調症」と同じ類にされること多くなっています。それを証拠にアメリカでは100%近い人がワキガだというのに、日本人のような脂っぽいワキガ臭ではありませんよね。日本人のワキガはそれこそ誰が嗅いでもワキガのそれと分かる嫌味のあるにおいです。

同じワキガでここまで違いがあるのは、やはり精神的な問題もあるのでは言われているからです。手術をしても結局他の部位から臭ってしまったり、欧米人がほとんどワキガ手術をしないのもその例です。

欧米諸国は、エチケットとしてのデオドラント対策と「気にしない」「みんな臭い」という、謂わば”諦め”が重要なのだと考えさせられます。