夏はお金をかけずにワキガを抑えられる季節

「夏は汗をかいてワキガ臭が強くなるなぁ」と思っている方がいますが、夏はニオイを抑えやすい季節です。汗をかくことはそれだけ体から老廃物が出ている証拠です。夏は汗をかくことでよりニオイを抑えられる季節です。汗をかきにくい冬よりニオイの点では抑えやすいです。

夏は意外とワキガのニオイが弱くなる

summer

夏は1年の季節の中で最もニオイを抑えやすい季節です。理由は汗を最もかく季節だからです。夏でワキガ臭を気にするなら、しっかりと汗をかいて体の老廃物を溜めずに外に排出していきましょう。

夏にやっておきたいワキガ臭対策

運動して汗をしっかりかく

ワキガの人は夏場にニオイが気になり、汗をかくことを嫌がります。しかし、汗をかかないと老廃物が体に溜まり余計に体臭を強めます。夏場は有酸素運動やプール、エクササイズなどでしっかり汗をかきましょう。

運動して汗をかくことで周りの人に対してニオイが気になる
汗をかくことでニオイを気にする方は、家近くの公園をジョギングすることやプールであればニオイを気にする必要がありません。プールはサウナと同じようにニオイが繁殖する前に流れ落ちます。

水をしっかり飲む

夏場は室内でも水分補給を心がけましょう。さらに汗をかきやすくする方法です。汗をかいた分は必ず補給して下さい。最低でも1日2lを目安にして飲みましょう。

 冷房の温度に気をつける

夏場は冷房の温度を28度前後に設定しましょう。外との気温差があり過ぎると、汗腺が活動しなくなり汗のかきにくい体になります。外部の温度が28度以下なら窓を開けてなるべく扇風機などで暑さに慣れましょう。一日に全く汗をかかないこともワキガ臭を悪化させる原因です。

汗をかいたらインナーだけでも着替える

理想は上着から全て着替えることですが、荷物になるため汗をかく可能性があるならインナーシャツ1枚を持ち午前と午後で着替えることでニオイを抑えられます。汗にはニオイ菌がたくさん含まれています、汗が付着したままでは菌が増殖します。

着替えられないならせめて汗を拭き取る

ワキ汗をかいて着替えることが困難であれば、清潔なタオルで少し濡らして汗を拭き取るだけでもニオイ対策になります。

夏場はノースリーブよりTシャツ

ノースリーブはワキが露出されることで通気性も良く、ワキガ対策になりそうですが間違いです。夏場はワキの露出を避ける方がニオイ対策になります。天然素材のTシャツはニオイを吸収してくれます。日本の気候は湿気が多いため、ノースリーブを着て汗をかくと湿っぽさが残りやすいです。それでも、ノースリーブを着たい方は、デオドラント商品でワキガケアを行いましょう。

夏にするべきワキガ対策は汗をかくこと

夏だからこそ汗をかきましょう。日頃から運動不足で汗をかいていない方は余計に必要です。夏は外に出れば嫌でも汗をかきます、それが夏場で必要なことです。ワキガのニオイを抑える方法に一年中汗をかく習慣があることです。運動嫌いであれば他の方法でも構いません。辛い物を食べて汗をかくことは効果がありません。香辛料はワキガ臭を悪化される食べ物なので控えましょう。