ワキガを香水で誤魔化してはいけない!においを悪化させる原因に

ワキガのにおいを香水で誤魔化している方がいますが、おすすめできないワキガ対策です。香水は香り付けのため、ワキガを抑えるものは含まれておらず人によってはワキガのにおいと混ざりにおいが悪化した方もいます。

ワキガの人は香水を使ってはいけない

ワキガのにおいは香水で消すことはできません。香水には除菌・消臭効果があるわけではありません。もし使うことがあっても避けるべきです。

ワキガにも香水を使うのであれば制汗剤を先に塗る

ワキガの方でも香水を使って誤魔化したいのであれば、制汗剤を先に脇に塗り汗をかくことを避けましょう。香水だけつけてもすぐに汗をかくとにおいが混ざります。また制汗剤あ無香料のものが多いため相性も悪くありません。

香水は柑橘系の香りを使う

香水の中でもワキガと相性が悪いのは甘い香りです。ワキガのにおいと混ざることで強烈なにおいを発します。もし香水を使うことになっても柑橘系のさわやかな香りであれば、混ざっても最低限ににおいを抑えられます。

香水の香りの持続時間も短いと感じ始める

香水は付けている量が同じでも鼻が慣れてくると「香り付いてるかな?」と思うほど、鼻が慣れてきます。鼻が麻痺している証拠のため、さらに香水をつけ過ぎてしまいます。また持続時間も感じにくくなるため、「本当ににおいケアできているのか?」と不安な気持ちにさせて、アポクリン腺の分泌を活発させる可能性があります。

香水の香りが服に染み付く

香水の香りが服に染み付くことは良い印象を受けますが、ワキガの方にとって致命的です。ワキガのにおいよりマシですが、常にその服を着る度に香水を付けなくてもワキガのにおいと混ざってしまうことを意味しています。

香水は軽度の方の対処方法

軽度の方であれば香水で誤魔化すことはできます。逆に香水で誤魔化せられるぐらいであれば、市販の制汗剤でにおい自体を抑えた方が費用対効果は高いです。重度の方は香水を使うことはおすすめできません。どんな香水でも汗を抑えない限りにおいが消えることはありません。