ワキガは優性遺伝で子供に引き継がれやすい遺伝子

ワキガは子供に遺伝します。両親の両方がワキガなら80%の確率で子供もワキガになります。その理由はワキガは優勢遺伝子のため、子供に引き継がれやすい遺伝子であることを意味しています。他の優勢遺伝子には目が二重やくせ毛、黒髪などがあります。

ワキガは優勢遺伝子だから子供に遺伝しやすい

ワキガは子供に遺伝しやすい優勢遺伝子です。そのため両親の片方がワキガだとしても50%以上の確率で遺伝しやすく、両方がワキガだと80%の確率で子供に遺伝します。

子供に遺伝しやすい体質的特長

染色体の関係上、男の子は母親に似やすく女の子は父親に似やすいという可能性が高いそうです。染色体の強さによるものなどで一概には言えませんが、一般的に言われています。

  • ワキガ
    体質の中でも遺伝したくないものですが、子供に遺伝しやすいため海外ではワキガの割合が90%以上もあり生まれてくる子供はほぼ確実にワキガです。
  • 目は一重より二重の方が遺伝しやすい
    小さい頃は一重の方でも大人になってから二重になる方もいるそうです。二重の女の子を産みたい場合は二重の男性と結婚することで確率が上がります。
  • 目は黒目
    日本人に多い黒目も子供に遺伝しやすく例えハーフの子でも黒目の可能性があります。また姉妹によって目の色が違うこともあります。
  • 髪の毛はくせ毛で黒髪
    黒髪が強くハーフの子は親より髪が明るくなりにくく、くせ毛の子供は直毛になる確率も低いです。
  • 肌の色は黒
    美白を求める女性にとっては不本意ですが、肌の黒さは遺伝しやすく日焼けすることさけても完全に美白になることは難しいです。

遺伝を考えていたら結婚できない

遺伝しやすいことを色々と考えているようでは、良い人が見つかっても結婚後のことを考えてしまい婚期を逃すように感じます。結婚相手に求めるポイントが多くなればなるほど、理想の男性は見つけにくく結局結婚する時には自分の基準が関係なくなるものです。

子供は親に似るからかわいいと感じる

子供を「かわいい」と感じるは親に似るからだと思います。遺伝があり、それぞれの個性を受け継いでできた子供です。ワキガも個性であり、たしかに受け継がせたくなくても仕方ありません。また、重度のワキガでない限り周りに気づかれるものでもありません。例え遺伝してもにおいをケアすることで簡単に抑えられます。