ワキガの年齢的ピークは20歳!においが悪化する瞬間は成長と同時にくる

ワキガは13~20歳の間が最もにおいを分泌しやすい時期です。もともとフェロモンと呼ばれている体臭はホルモンの分泌と直接関係しており、ホルモン分泌のピークとワキガのピークは重なるのです。

ワキガの年齢的ピークは20歳!成長と共に悪化する

ワキガのにおいはホルモンの分泌と比例してにおいを強めていきます。13歳から体の成長と共にホルモン分泌が増えていき、20歳前後でピークを向かいます。ホルモンの成長は中学生のときのように入学時より卒業時に身長が伸びていることや胸が発達していることに関係しています。

ワキガと判断する瞬間は20歳のとき

ワキガのピークと言われている20歳のときにワキガでなければ、今後もワキガになる可能性は低いです。しかし、「中学生の時には臭わなかったのに」と思う方もおりピークの年齢に近づくにつれてワキガは悪化していきます。ホルモンバランスが上手くいかない成長期はワキガのにおいがしやすい時期で慣れてくると抑えられてきます。

成長期の手術は危険

成長期にワキガでいじめられる方も多く、汗腺の手術を行おうとする方もいます。しかし、成長期ではまだアポクリン腺は成長過程となり除去しても再び再生する可能性が高いです。また、年齢的な体への負担も大きいためおすすめはできません。

成長期はデオドラントでにおいを抑える

中学生から高校生の成長期はにおいに敏感になり始める時期でもあります。そのため、気にしていなかったにおいも周りの方が気づくようになります。そのため、デオドラントで汗を止めにおいを抑えることが必要になります。香水やコロンなど香りの強いものは学校で禁止されていたり、友達に言われる可能性もあります。

ワキガはピークを過ぎても悪化する瞬間がある

ワキガがピークを迎える瞬間は20歳前後ですが、女性は生理時にもホルモンの分泌が活発になりにおいを悪化させます。成長段階での体臭はワキガでない方でも気になるぐらいです、それは生理時も同様に同じぐらいにおいを気にします。

女性は男性と違いワキガのにおいはしにくくても、悪化する瞬間がある限り気を抜けません。