汗をかかない冬でもワキガの臭いが消えない原因は?

「冬は汗をかかないからワキガは安心♪」
「冬は汗臭いにおいとは無縁!」

と勘違いされている方が多いと思いますが、実は夏よりも冬の方がワキガのにおいや汗臭さというのは倍増するのです。

もちろん、においの根源となっているのは「汗」なので汗さえかかなければニオイは発生しませんが、イメージで言うと、そのたった一回の発汗の威力が大きいのです。汗をかかない冬は汗腺が活動しないため体内の老廃物も溜まり、より濃いワキガ臭が溜まっています。溜まった汗腺からもにおいますが、厚着をする冬場は脇が蒸れて汗をかきニオイを分泌させるのです。

ワキガのピークは夏ではなく「冬」

冬場は汗をかきにくいため、汗腺の活動が停滞します。すると代謝活動が損なわれ、いわゆる「悪い汗」が体内に溜まりやすくなるのです。加えて冬場は衣類の厚着で熱がこもりやすく、「全く汗をかかない」わけではありません。

冬場のワキガや汗臭さの問題点は、そのたった一回による発汗の濃度と言いますか、威力がとてつもなく、定期的な運動や岩盤浴で汗を出してやる作業が必要になってきます。

冬にワキガ臭が強くなる原因

  • 汗をかかない
  • 汗腺の活動が低下
  • 厚着になりワキが蒸れる
  • 体温調節が難しく自律神経が狂いやすくなる
  • 食生活が偏りやすい

冬場のワキガ臭が強い方の共通点

  • デスクワークの方
  • 外出しない方
  • 運動しない方
  • 冷え性の方
  • 湯船に浸からずシャワーだけで済ませてしまう方
  • ワキに保温グッズ(ホッカイロ)挟んでいる方

冬場のワキガのニオイ対策

ko-to

 冬場だからこそ汗をかく習慣をつける
運動や温泉、サウナ、岩盤浴などで汗を流しましょう。大切なのは汗腺を一年中働かせること。「汗をかく」ということについてワキガの方は特に懸念されますが、冬場こそ汗をかく必要があります。汗をかくことが冬場におけるワキガ対策の秘訣になります。

 体温調節に気を付ける
冬場は夏場以上に外気温との差があります。室内に入る際は厚手のものを脱ぎ、ワキの蒸れ防止を心がけて下さい。また毎日湯船にしっかり浸かり、温熱性発汗による代謝を整えることで、自律神経が正常に機能するようになります。自律神経はワキガと密接な関係がありますので特に注意しましょう。

 衣類を毎日洗濯する
冬場のセーターなどは面倒で毎日洗わない方もいます。しかし、アポクリン腺からでる汗は油分を多く含んでいるため、雑菌が染み込み繁殖しやすい特徴を持っています。その他、シーツや布団も週に1度天日干しを行い、身の回りの清潔感を保つようにしましょう。

 肌を保湿させる
乾燥しやすい時期のため皮膚が乾燥し、皮脂の分泌が増えやすくなります。特にその皮脂はワキガのにおいを強める原因です。殺菌力が強いワキガクリームや、制汗剤を「必ず」毎日塗布するようにして下さい。

→花王の研究でワキガに対して科学的に制汗・消臭・防臭・殺菌力があると認められたクリーム

 サウナや岩盤浴でまとまった汗を出す
運動をしようにも冬場は夏場ほど多くの汗はかけません。特に冷え性の方は、動かしている部分だけが温まり汗は出ますが体全体からさほど汗は出ません。そんな時はサウナや岩盤浴などに週1回ほど通い、まとまった体の内側の汗を出すよう心がけましょう。特に岩盤浴はワキガに効果があると言われています。サウナに比べて体感的にも無理を強いられず、かつサウナより老廃物を出しやすいものなので本当におすすめです。

ワキガでなくても冬場は臭う

冬場のニオイが強くなるのはワキガ臭だけではありません。日本人全員が汗腺の働きが停滞するため、老廃物が溜まって臭くなるんです。ワキガでない人も脇汗が臭いやすい時期です。

ワキガは「私今臭いかな?」「脇のニオイ大丈夫かな?」という思い込みでニオイが強くなる性質を持っています。精神状態がこうして乱れると、自律神経がアポクリン汗腺にシグナルを送り、ワキガのニオイを出そうと体が反応するんです。ですから、「冬はみんな臭いんだ」「臭いのは自分だけじゃない」「ニオイの対策すれば大丈夫」という心の持ちようも大切です。これは決して精神論ではなく、科学的論理に基づいたニオイ対策です。

またデオドラント商品ってワキガの方だけが使うものでもありませんよね。脇が臭いと感じる時には誰でも必要になるものなんです。年始年末は催しものが多く食生活が乱れ、ワキガ臭を悪化させます。冬場こそワキガに対する意識を高める必要があります。