脇のブツブツとワキガの関係性~その正体は毛穴に詰まった皮脂

脇がむず痒い。
ぶつぶつ・ザラザラしたものがある。
ワキガと関係があるのかな?

これって一体何??

急に発生したり、前まで無かったものが発見できると本当に不安になりますよね。実はそれは皮脂腺が固まったニキビです。ワキガと直接的な関係は無いものの、脇が乾燥していたり脇毛を抜く習慣があると、皮膚が刺激されて皮脂が分泌され肌荒れのようなブツブツができてしまうのです。ワキガの場合、衛生状態を維持するのが難しいため特にこの症状が起こりやすく、ケアには慎重になるべきでしょう。

ワキガはブツブツによって悪化する

wakibutubutu

脇にできるブツブツの正体はニキビ・皮脂です。

刺激を加えたり、何かしらの要因で皮脂の分泌が上手くいかず、皮脂腺が詰まり炎症を起こして発生します。それが細かくブツブツとして現れ、次第に大きくなるとニキビや、最悪の場合「粉瘤(ふんりゅう)」と言って、大きなシコリのようなものができる可能性もあります。

またそのブツブツが気になって、色々なものを塗ったり刺激を加えたりするとワキガのにおいが悪化してしまいます。

制汗剤のつけすぎが皮脂を詰まらせる

ワキガ対策に効果的な制汗剤はつけ過ぎると毛穴にも影響を与えます。

汗腺を止めることには効果が強いですが、必要以上につけてしまうと毛穴を詰まらせ炎症を起こします。毛穴の中にも汗腺だけでなく皮脂腺も含まれているため、あまりに安価な制汗剤や、オイルベースの制汗剤は使用を控えましょう。

脇毛の処理方法を間違ってもブツブツができる

脇毛の処理はワキガ対策に行っている方も多いでしょう。しかし間違った脇毛処理はブツブツの原因になります。

  • 脇毛をピンセットなどで抜いている
    脇毛を抜くことは一番皮膚に負担をかけています。またアポクリン腺も刺激しているためにおいを悪化させる原因になります。もし抜きたいなら、温かいタオルで脇を拭き、毛穴を開かせてから抜きましょう。
  • カミソリで剃った跡に保湿をしていない
    カミソリで剃るケアは毛抜きより刺激が少ない方法ですが、それに甘えて何もアフターケアをしないのも問題です。脇毛を処理したあとには保湿成分重視のクリームを塗って保湿させてください。
  • 脇をゴシゴシ垢すりで洗っている
    ワキガの方は脇をゴシゴシ洗いがちですが、力を入れて洗うことも皮膚を傷つけ、かつにおいの呼び水のようになっているためかえって臭くなってしまいます。もみ洗い、流水でかるく当てるだけで十分なケアになります。

その他にブツブツをつくられる原因

処理方法以外で脇にブツブツができる原因は食べ物の影響もあります。チョコレートやお菓子、ナッツなど糖分や脂質を多く含むものは皮脂の分泌を促進させます。

また、ストレスや疲労、ホルモンバランスなども皮脂の分泌を促進させます。肌に現われるものの全ては日常生活による外的要因が多いです。脇のブツブツはワキガの方でなくてもできますが、においを気にするワキガの方はさらに脇は気をつけておきたいです。ワキガのにおいを悪化させる原因はたくさんあるため、1つ1つ確実に排除していくことでにおいを抑えることに近づきます。