ワキガを気にし過ぎると病気になる!におい以外で引き起こす症状

ワキガは病気ではありません。人間の体質で、治すこともでき抑えることまできます。しかし、ワキガは気にし過ぎると精神的な病気になります。これは体質に限ったものと同じで、周りの人が「太っていない」といくら言ってもダイエットや食事制限をする方と同じです。臭くないのにワキガのにおいを気になってしまうことです。

ワキガが原因で引き起こす精神的病気

otikomu

ワキガは体質によるもので病気ではありません。しかし、周りの人から言われた「臭い」という言葉や行動、表情などがワキガの方を精神的病気を引き起こします。その症状は大きく分けて2つあります。体臭は良い香りでないといけないと思う「体臭恐怖症」と人から臭いと思われていると感じる「事故恐怖症」です。この2つについて紹介していきます。

体臭恐怖症で肌がドンドン乾燥していく

現代では、香水やコロン、デオドラント商品の発達により体臭は良い香りや無臭であることが当たり前と感じる方が多い時代となりました。そのため、自分の体臭とのギャップが誤解を生み常に良い香りでいるようににおいに過敏になる病気です。

体臭恐怖症の症状

「常に良い香りでいよう」と思った結果、体臭予防や体臭対策の頻度が必要以上に増えることです。よくある例で、何度もシャワーを浴びる方や一日に何度も体に香水をつける方に多いです。この頻度は日に日に増えていき日常生活にも支障が出るくらいです。

また、必要以上に体を洗うことで肌を痛めて乾燥肌に近づいていきます。

体臭恐怖症の改善方法

病院に行き、カウンセリングによって体臭について正しい知識を学ぶことと「自分は臭くない」と思うようになることです。これは体に対する治療ではなく「心の治療」が必要とされます。形成外科や美容外科では治せない病気です。行くべきは精神科になります。

自分を臭いと思い込む病気の自己臭恐怖症

体臭恐怖症に似ていますが、「良い香りをしなきゃ」と思うことと逆に「自分は臭い」と思ってしまう病気です。この病気はワキガケアしていても、アポクリン腺の手術を行っても「臭い」と思ってしまう方が多いです。体臭恐怖症と併発することもあります。大きな違いは「自分は良い香りするものだ」と理想を追う体臭恐怖症と「自分は常に臭いから人に迷惑をかけている」と周りの人に重きを置いているかの違いです。

自己恐怖症の原因

  • 几帳面の方
  • 潔癖症
  • 「臭い」といじめられた経験がある
  • 以前に周りの人がコソコソ話しているのを聞いてしまった・・・など

自己恐怖症の原因は多く、ワキガだと自分で自覚してから「ワキガの私は臭い」と軽度の方でも過剰に反応してしまうこともあります。

自己恐怖症の症状と改善方法

自己恐怖症の症状は自慰意識過剰になることです。

  • 自分の隣の人が席を移動した
  • 周りの人が鼻を抑えている
  • 仲良い友達がハグを拒否した
  • 彼氏がセックスしてくれない・・・など

挙げればキリがありません。全てこの症状の冒頭に「自分が臭いから?」という文が入ります。

従って、最善の方法は気にしないことです。自分でデオドラントやクリームを塗っているのであれば体臭は防げています。そもそもワキガ手術をしているのであれば臭うことはありません。

ワキガが引き起こす精神的病気

ワキガはケアをしている方にも影響を与えます。全てのことに共通して言えることは「気にし過ぎ」と言うことです。もちろん、何もケアしていないことで臭うことは確実にあります。しかし、クリームや手術までしているにも関わらず気にする必要はありません。大抵のワキガはクリームでも抑えられますし、手術で治ります。