ワキガとレーヨンの相性は最悪!化学繊維の中で最もにおいを悪化させる

ワキガのにおいを悪化させる化学繊維は、ナイロンやポリエステル、ポリウレタンなどが挙げられます。

どれも安価で丈夫なため衣服によく用いられていますが、化学繊維とワキガの相性は最悪です。通気性も悪く吸水性も低いため、ワキガのにおいが充満しやすいのです。中でもレーヨンは特に気を付けたい繊維なので覚えておきましょう。

レーヨンがワキガと相性が悪い理由

re-yon

レーヨンは高価なシルクを模倣して人工的に作られた素材で、光沢・肌触り良いことが特徴です。上品な印象を与えるため、パーティ用のドレスやシャツによく用いられています。

レーヨンは水に弱い

レーヨンは化学繊維の中でも水に弱く、水分を含むと糸が太くなり互いに引っ張り合い縮みます。誤って洗濯に出してしまうと、大人服が子供服並に縮みます。同時に色素も吸ってしまい服が黄ばみやすくなります。水洗いができないレーヨンは洗濯に出しても菌が残ってしまう可能性が高いです。ワキガの方に致命的なもので、洗ってもにおいが落ちないということも起こり得ます。

またシワになりやすいため、脇汗をかきやすいワキガの方は脇だけが縮みシワになる可能性もあります。脇に服が密着しやすくなるだけでも、脇が蒸れやすくなりワキガを悪化させます。

レーヨンは発熱効果がある

レーヨンは発熱効果があり、少しの運動で体を温めてしまい発汗を促進させます。最近では運動するためのアンダーウェアで用いられていますが、ワキガにとって発汗作用は逆効果です。

レーヨンが使用されている衣類

  • 肌着
  • ストール
  • 背広の裏地
  • 婦人服全般

レーヨンよりシルクがワキガにはおすすめ

レーヨンはシルクに似た素材ですが、水に強く、最近では「ウォッシャブルシルク」といった洗えるシルクもあります。家庭での水洗いを可能にした素材のため、ワキガの方でも安心して着ることができます。