ワキガと脇汗の違いとは?「汗臭い」においの真実

ワキガのにおいと脇汗のにおいは全く別物です。出ている場所、成分、分泌の条件、性質が異なります。エクリン腺から出る汗の成分は99%が水分、残りは塩分やミネラルなどが配合されています。従って、においの原因となる成分が含まれていないのです。

ワキガのにおいと脇汗のにおいの違い

wakiase

エクリン腺から出る汗のにおいでも、強烈な臭気を放出するものがあります。それが「足のにおい」です。足にはエクリン腺が最も多く分布しています。逆にアポクリン腺はありません。ではなぜにおいがするのかというと、足の指の付け根に微量な皮脂腺が存在し、油分を放出するからです。

においは油分が伴うと臭気を帯びます。また高温多湿環境なので、非常に蒸れやすく独特なにおいを持つのです。

アポクリン腺のにおいの特徴

アポクリン腺のにおいに例えられるもの

  • 玉ねぎのににおい
  • カレーのにおい
  • 鉛筆のにおい
  • 雑巾のにおい

など様々です。アポクリン腺から出る汗の成分にはたんぱく質・脂質・糖質など食べ物に含まれている成分と同じでにおいを持っています。

エクリン腺から出る汗のにおいは共通していることがある

アポクリン腺も人によって異なりますが、エクリン腺から出る汗は共通していることがあります。

どれも鼻をツンとさせるにおいがあります。エクリン腺から出る汗に含まれているアンモニア臭が強いことでツンとした共通したにおいを分泌させます。また、運動不足であったり、長い間汗をかかない期間が続くと乳酸や腐敗した老廃物が溜まっていて、たまに汗をかくと強い異臭を感じることがあります。

皮脂腺が両方のにおいを強くしている

エクリン腺以外に全身に存在している腺が皮脂腺です。皮脂腺はアポクリン腺・エクリン腺の両方のにおい強くしています。皮脂腺の分泌が増えるもので動物性脂肪の摂りすぎがあります。

動物性脂肪の多い食べ物
チーズ・牛乳・ヨーグルトなどの乳製品や肉類、洋菓子などがあります。摂り過ぎは注意ですが、動物性脂肪は体の成長を促進させる大事な栄養です。バランス良く摂取することで効果が期待できます。

脇汗のにおいは混ざっているためわかりづらい

脇汗のにおいはアポクリン腺とエクリン腺が混ざったにおいです。純粋に汗臭さは足のにおいに近いです。脇からワキガ特有のにおいがしたらワキガの可能性は高いです。生理のときや妊娠するときに体臭がきつくなるのもアポクリン腺から出る汗によるものです。