ワキガ割合人口は日本が特に少ない!だからこそいじめの対象になりやすい

日本人はワキガを病気のように感じていますが、ワキガは体質です。太っている、胸が小さい、背が低い、などと同じ括りです。

特に日本人は清潔志向なので、「におい」というものに非常に敏感です。「臭い」「匂い」と漢字で使い分ける文化もそれを象徴しています。また日本人は世界規模でみてもワキガの割合が少ない国です。世界的には、ワキガの割合が100%の国もあります。それぞれの国でワキガに対してケアを行っています。逆に日本はワキガの割合が少ないため、ワキガケアの発展途上国なのかもしれません。

ワキガの割合は日本が特に少ない

sekai

ワキガは病気ではありません。ワキガは手術で治すこともでき、デオドラント商品で抑えることができます。

病気ではないので比較的に対処しやすく、道具(クリームや制汗剤)も肌に優しいものが多い印象です。世界中でワキガの割合が日本は少ないために、いじめの対象になりやすく、子供のワキガについては特に問題になります。ワキガに対しての対策が甘いことも、においを感じている原因です。

人種別のワキガの割合

  • 黒人の割合
    約100%の方がワキガです。中でもアフリカ系の国はほぼ100%の人がワキガです。肉食の多いアフリカ系では体臭があって当たり前のようです。
  • 白人の場合
    80~90%の方がワキガです。欧米人にあたるアメリカや欧州人もこの割合に当たります。香水やコロンに力を入れているドイツやフランスがあります。高カロリー&高脂質の食べ物が多く、皮脂を多く含んだ強いにおいを発します。そのため、欧米や欧州ではワキガケアは欠かせません。
  • 日本人の場合
    あえて黄色人種でなく日本人で括りました。日本人は10~15%の人がワキガです。そもそもこの割合は欧米化の食生活が進んだことで増えました。ワキガの人が増えたわけではなく、体臭が強くなった方が多くなりました。
  • 中国・韓国人の場合
    3~5%の方がワキガです。日本人より圧倒的に少ないためあえて分けました。食生活がいまだに野菜や魚中心に続いていることが理由です。しかし、韓国人に限ってはキムチなどの香辛料の匂いが体臭として染み付いています。これはワキガではなく、アポクリン腺から放出されているものでもありません。

ワキガの割合が100%だからワキガケアが習慣付いている

欧州や欧米はほとんどの方がワキガのため、ワキガケアが習慣付いています。

香水やコロン、デオドラントなどにおいをケアする商品が欧米や欧州に多いのも理由でもあります。欧州の考えに「人を不快にさせないようにエチケットはしっかりしておく」という考えがあります。ワキガは本人には影響はありませんが、においで周りの方に影響を与え不快にさせます。そのためエチケットには気を使っており、脇を清潔に保ち、においは香水で覆うようにワキガを抑えています。

外国では手術で治すような考えがない
外国はほとんどの方がワキガのため、ワキガの手術もかなり進んでいるように感じます。しかし、実際はほとんどワキガ手術が行われていません。それは「みんなワキガ」だから、治すことに価値や意図を見出だせないのです。「ワキガ手術」というのは日本独自のもの。医学技術は世界的にも日本は遅れており、日本におけるワキガ手術が失敗や再発が多いのは、医学最先端の欧米諸国で積極的な研究がされていないからなんです。

日本にワキガの耐性が整っていない

日本人は食の欧米化が進み、体臭が強くなってきました。もともとワキガに対しての耐性がなく、においに対して過敏に反応しがちです。ワキガの方が外国に行けば「臭い」と思われる可能性は低いでしょう。

日本はワキガケアの発展途上国

手術で治すことでは技術が進歩している日本ですが、ワキガを抑える点ではまだまだです。外国のように、ワキガを受け入れてワキガケアを日常的にできれば手術をしなくてもにおいを抑えることができます。また「手術」という方法自体があまり良い選択ではないのも、世界諸国の傾向や対策を見てわかったと思います。

ワキガは病気ではありません、体質の1つです。まずは受け入れてワキガケアを行いましょう。日本人はワキガケアに対する知識がなく、においへの耐性がないためまだ発展途上です。日本全体の食事改善が見えない限り、体臭が強まることを止めることはできません。現在、ワキガの方は受け入れてワキガケアを習慣付けることでにおいを抑えられます。外人の知り合いがいれば、どんなケアをしるか聞いてみるのも良いです。