ワキガは外国人に多いって聞くけどどのくらいの割合なの?

ワキガは外国人のほうが圧倒的に多いです。中でも欧米人の割合は90%以上の方がワキガです。最も少ない国は中国・韓国の3~5%です。主に食生活が影響している国がワキガのにおいを悪化させています。

ワキガは外国人の割合

アフリカ系:ほぼ100%
欧米・欧州:90%以上
日本:10~15%
中国・韓国:3~5%

というように、ワキガは国によって割合が大幅に変わります。また人種で分けると黒人100%、白人90%、黄色人種15%となります。アフリカ系が100%の理由も黒人の割合が最も多いことです。欧米・欧州は白人と黒人が混合しているため100%とはなりません。

ワキガの割合が多い国の理由は食生活

ワキガのにおいを悪化させるの原因に食生活があります。高カロリーや高脂質、肉食などはどれもにおいを悪化させるものです。アポクリン腺から分泌される汗はほお無臭です。しかし、中にある成分ににおいを含む、たんぱく質・脂質・糖質といったものがあります。皮膚に触れると菌が増殖してにおいを強めます。この成分は食べ物からの影響を受けます。

日本人はワキガが増えているのではなく体臭が臭くなってきている

ワキガの方が人口として増えることはありません。食生活が変わってくることで、体臭がきつい方が増えることが理由です。ワキガの方でも、食生活を気にしていればにおいを抑えることができます。

ワキガの割合が多いからこそデオドラントが習慣付いている

香水やコロン、デオドラント商品など体臭を抑える商品が有名なものは全て外国です。発祥も全て外国のように、自分達がワキガであることは自覚しています。だからこそ「外国人は良い香りがするな」という印象を与えています。全てはワキガケアが習慣づいていることから始まっています。日本はワキガと向き合えず、治すことを最優先に考えがちで手術だけが進んできています。その分、ワキガケアの習慣が根付くことは難しいです。

ハーフの子はワキガになりやすい

ワキガは遺伝するため、ワキガの外国人と結婚して子供を生むことでワキガだ遺伝する可能性はあります。片方がワキガであれば遺伝する確率は50%です。だからといって海外結婚を否定する気持ちはありません。結婚相手がワキガでも関係ないことを私は伝えたいと思っています。