ワキガはホルモンバランスによって悪化するけどその原因って?

ワキガはホルモンバランスが崩れることでにおいが悪化します。その原因は男性ホルモンの分泌が盛んになることです。女性より男性の方がワキガのにおいがきつい理由は男性ホルモンの量です。常に女性より多い男性でもさらに男性ホルモンが分泌されることでワキガのにおいは悪化します。

男性ホルモンが分泌される瞬間

男性ホルモンの分泌は性別に関係なくあります。女性は男性の10分1程しか体内にありませんが、女性でもその割合が崩れることがあります。

男性が男性ホルモンが分泌される瞬間

男性は疲労・寝不足・体調不良などの体にストレスを感じた瞬間に男性ホルモンが分泌されます。男性ホルモンが分泌されることで汗と混ざりにおいを強くします。この原因はワキガの方だけでなく、普通の方でもにおいが悪化します。体の不調をにおいによって感じさせます。

女性が男性ホルモンが分泌される瞬間

普段は男性ホルモンが少ない女性でもホルモンバランスが崩れることにより、男性ホルモンの割合が増えます。女性は常に体内で生成された男性ホルモンを女性ホルモンに作り換えることによりバランスを保ってきました。その生成が崩れることで、ホルモンバランスが崩れます。

ストレス

男性と同じですが、女性は男性よりホルモンバランスが崩しやすいです。生理による腹痛などもストレスになります。またホルモンバランスが崩れることで生理周期がずれます。

過剰な筋力トレーニング

女性ホルモンは女性らしい体系を維持するために必要なため分泌されています。しかし、女性でも男性のように筋肉を付けることが不可能ではありません。男性以上に過剰な筋力トレーニングを続けることで、男子特有のくっきりした筋肉が付きます。その際に体内に男性ホルモンの分泌が増えています。とくに体内の男性ホルモンが多くなると性欲も強くなるそうです。

男性ホルモンの分泌は女性に最も影響を与えやすい

常に男性ホルモンの多い男性と異なる女性は男性ホルモンが増えることで影響を受けやすいです。肌荒れ・生理不順・毛が濃くなるなど女性らしさを失うものがあります。男性より女性は敏感に反応するため影響を受けやすいです。