ヨーグルトはワキガを悪化させる?においを抑える?意見が真っ二つの理由を解説

ワキガを悪化する原因に乳製品があります。中でもヨーグルトやチーズが日常的に食べることの多いものです。しかし、そのヨーグルトはワキガのにおいを抑える効果が期待できると矛盾があります。

どちらもワキガに影響を与える食べ物です。バランス良くヨーグルトを食べることで腸内を洗浄する効果があり、ワキガのにおいを悪化させる原因にはなりません。

ワキガはヨーグルトを効果的に食べることでにおいを抑える

乳製品は雑菌予防のために製造過程で酸化されています。その酸化は体内に摂取することでにおいを放出します。牛乳を雑巾で拭いた後が臭いように体内でも同じくにおいが充満してしまいます。しかし、これは摂取し過ぎたために起こります。従って摂り過ぎないことが重要になります。

ヨーグルトによるワキガへの効果

ヨーグルトに含まれている乳酸菌が腸内の働きを活発にし、便秘を解消させます。中でも腸内環境が悪いことは大腸菌や悪玉菌が多く発生します。老廃物が腸内に溜まりやすくなります。

ワキガの元となるアポクリン腺の汗は腸内の老廃物の量によってにおいを悪化させます。汗自体はにおいはしなくても皮膚に汗が触れることで成分内にあるにおいの元となる菌が一気に増殖します。それによりにおいがします。「腸内環境の異常は体臭によってわかる」とも言われています。

1日1カップか100gのヨーグルトで十分

摂取し過ぎに注意をしないといけないヨーグルトです。その乳酸菌の含まれている量が製品によって異なるため、ハッキリとは言えませんが1カップか100g程が目安になります。どの商品もそのサイズに抑えているものが多いのも摂り過ぎを注意している可能性が高いです。

ヨーグルトがダメなら他のものでも腸内環境は整えられる

「ヨーグルトはワキガを悪化させる可能性があるから」と懸念される方がいらっしゃるなら、食物繊維の多い食べ物もおすすめです。効果は同じで腸内をきれいにしてくれます。野菜からも摂取できるため意識的に増やしてみても良いと思います。