臭化プロバリテリン~ワキガを抑える飲み薬の効果と副作用

ワキガを抑える飲み薬に臭化プロバリテリンがあります。その効果は飲むことで汗を出すアセチルコリンの分泌する薬のため、制汗作用が期待できます。しかし、飲んでもワキガが治るわけではないため抑えることしかできません。また体が慣れてくると汗が止まらなくなります。

ワキガを抑える飲み薬の効果と副作用

ワキガを抑える飲み薬に臭化プロバリテリンがあります。多汗症やワキガ対策に処方される飲み薬です。扱いには医師の指導のもと使用するように言われています。

臭化プロバリテリンの効果

臭化プロバリテリンに含まれている抗コリン剤が含まれております。抗コリン剤はアセチルコリンという汗を分泌させる物質を抑えることができます。直接的ににおいを抑えるわけではないため効果が薄い可能性もあります。

飲み過ぎると効果が薄れていく

一時的な対処には臭化プロバリテリンは汗を抑える効果が期待できます。しかし、その効果は飲みすぎると体が慣れてくるため、だんだん効果が薄れていく可能性があります。

臭化プロバリテリンの副作用

  • 喉が渇きやすくなる
  • 目が乾く(ドライアイ)
  • 尿の出が悪くなる
  • 便秘
  • 胃腸への障害

体内の水分が外に出にくくなる反面、それは汗だけでなく目や喉にも影響を与えます。飲み薬は体内全て影響を与えるため脇だけにという効果はありません。

医師も使うことに注意呼びかけている

臭化プロバリテリンは病院で処方されることが多いです。しかし、その際も使用上の注意として医師からも多用することを注意されます。脇だけに聞くという飲み薬はなく、体全体に影響が出ることが理由です。「汗が止まらないから」と多用していくうちに副作用で体を壊します。

ワキガ対策に飲み薬は逆効果

飲み薬によるワキガ対策はおすすめできません。ワキガが治るわけでもないため、それ以上に体に負担がかかります。また、副作用の尿の出が悪いことや便秘になることは体のデトックス効果を下げるため、ワキガのにおいを悪化させます。もし、脇からの汗を止めたいのであれば、ワキガクリームや制汗剤のほうが安全で脇だけに直接効果が期待できます。